スポンサーリンク

「非モテコミット」とは?意味や使い方など概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非モテコミット」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「非モテコミット」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「非モテコミット」とは?意味

「非モテコミット」とは、「非モテの男性によく見られる、女性に対する上手くいかないコミット方法」を意味している恋愛工学のスラング(俗語)です。

「非モテコミット」のスラングは、「非モテの男性が特定の女性に対してだけ一途に、一方的な好意を向け続けるコミット方法・アプローチのやり方」を意味しているのです。

「非モテコミット」の大半は、「好きな女性から避けられたり気持ち悪がられたりする・好きな女性から断られる」といった結果に終わります。

「非モテコミット」というのは、「相手の女性が自分のことをまだ好きでもないのに、自分だけが一方的にその女性に必死にアプローチすること」を示しているのです。

「非モテコミット」は、「余裕がなくてモテない男やしつこい男だと思われて嫌われやすい」のです。

「非モテコミット」の概要

「非モテコミット」というスラングは、「女性から好かれるための方法を科学的・工学的に考える恋愛工学の用語」です。

典型的な「非モテコミット」は、「一人の女性だけに尽くしすぎること=特定の女性にのめり込みすぎて他の女性が見えないこと」「興味関心を引こうとする自己アピールが必死すぎること」になります。

「非モテコミット」をするとモテなくなる理由は、「モテない男性・女性よりも格下の男性と思われるから」「尊敬できる格好いい男性に見えないから」が考えられます。

「非モテコミット」から抜け出すための方法には、「複数の女性に好意・興味を分散して余裕を持つ」「友達としてではなく男としての自分を出してアプローチする」「女性以外の仕事・学業・趣味にも集中して魅力を上げる」などがあります。

「非モテコミット」の言葉の使い方や使われ方

「非モテコミット」の言葉は、「非モテの男性が陥りやすい、女性に対する間違ったコミットメント・アプローチ方法」の意味で使うことができます。

「非モテコミット」とは、「相思相愛になる前の段階から、特定の女性だけに一方的にのめり込んで尽くすアプローチ」といった意味合いで使われる恋愛工学のスラングなのです。

「非モテコミット」を使った例文(使用例)

・『大学生の頃は、好きな女性だけを必死に追い掛け回す非モテコミットばかりして恋愛に失敗していました。』

・『しつこい非モテコミットをすると、相手の女性が惚れてくれる要素がなくなるので、上手くいくはずの恋愛もダメになってしまうのです。』

・『非モテコミットを克服するためには、付き合う前の段階から一途になりすぎずに、色々な女性の魅力・良さを見つけていくことが大切です。』

まとめ

「非モテコミット」というスラングの意味・概要について分かりやすく解説して、使い方・例文を紹介してきましたがいかがでしたか。

「非モテコミット」というのは、「非モテの男性が採用しやすい、特定の女性に一方的な好意を向けるコミット方法+結果として上手くいかない女性に対する間違ったアプローチ方法」を意味している言葉です。

「非モテコミット」のスラングについて詳しく知りたい人は、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典