「面談」と「面会」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「面談」と「面会」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「面談」「面会」の違いを分かりやすく説明していきます。

「面談」とは?

「面談」の意味と使い方について紹介します。

「面談」の意味

「面談」「めんだん」と読みます。

意味は「人と顔を合わせて話しをすること」です。

「面談」の使い方

「面談」は、人と会って話をすることを言います。

相手と何かしら話し合いたい事柄があり、その為に事前に約束をして、決められた時に会って話をする時に使われます。

話の内容は雑談ではなく、あらかじめ「何かの目的に必要とされること」になります。

「面談」は、友達同士ではなく、上司と部下、コンサルタントとクライアント、カウンセラーと相談者など、家族や友達の様には親しくない人が対象になります。

また、最近では「オンライン面談」など、直接対面しない「面談」もあります。

「面会」とは?

「面会」の意味と使い方について紹介します。

「面会」の意味

「面会」「めんかい」と読みます。

意味は「人と顔を合わせること」です。

「面会」の使い方

「面会」は、人と会うことを言います。

「面」「おもて」とも読み、「顔」という意味で、「面会」「顔を合わせる」という意味です。

「面会」は人と会うことがメインであり、話の内容は重視されていません。

ただお互いの表情を確認するだけだったり、近況報告など雑談する場合もあります。

「面会」も、普段簡単に会いない人に対して使われます。

規則がある場所などに申し込んで相手と約束をしてから、定められた時刻に会います。

ただし、家族や恋人が入院したり収監されたりした場合には、許可を得て会う時に使われることもあります。

「面談」と「面会」の違い!

「面談」「人と顔を合わせて話しをすること」です。

「面会」「人と顔を合わせること」です。

まとめ

今回は「面談」「面会」の違いをお伝えしました。

「面談は会って話をする」「面会は会うことがメイン」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典