スポンサーリンク

「韋駄天」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「韋駄天」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「韋駄天」の意味を分かりやすく説明していきます。

興味のある言葉を、自分のものにしていきましょう。

スポンサーリンク

「韋駄天」とは?意味

韋駄天(いだてん)とは、足がとても速い人のこと。

丈夫な足をしていて、フットワークがとても軽いことです。

風のようにやって来て、風のように去っていく、スポーツ万能でパーフェクトな人に使います。

優れた人を褒める言い回しなので、覚えておくといいでしょう。

もともと「韋駄天」というのは、インドの神様です。

悪い鬼が宝物を盗んだとき、追いかけて取り戻したという逸話があります。

この話から「韋駄天」が、足の速い人の代名詞になりました。

「韋駄天」にお参りすると、足腰が丈夫になったり、スポーツの世界でいい成績を収めたり、良いご利益があるといわれています。

「韋駄天」の概要

「韋駄天」を平仮名に直した「いだてん」は2019年の大河ドラマのタイトルになった言葉です。

大河ドラマの主人公である金栗四三さんという人が「日本のマラソン界の父」と言われたことから、このお題に決まりました。

かなりの苦労人で、マラソン選手として活躍する傍ら、日本のオリンピックの繁栄にも力を入れました。

3回も世界記録を塗り替えるなど、その実力も最たるものでした。

時代が流れた現在では、サッカー界や野球界で「韋駄天FW」「ハマの韋駄天」などの名称をもつ選手もいます。

多くの人に希望を与えてくれるムードメーカーが「韋駄天」です。

「韋駄天」の言葉の使い方や使われ方

「韋駄天」はこのように使います。

・『クラスの韋駄天がアンカーを務めて、白組はみごとに優勝した』
・『この車は燃費もよくて、小回りもきくね。まさに韋駄天だよ』
・『盗塁成功率の高い彼は、小さな韋駄天と恐れられている』
「韋駄天」は足が速い人や物につかいます。

そのため運動神経のいい人、スピード感のある車に使われます。

また野球界では「何なく盗塁をやってのける」スポーツマンを「韋駄天」と呼んでいます。

機敏さと反射神経の良さ、すべてにおいて色々な才能をもっている人が「韋駄天」です。

「韋駄天」の類語や言いかえ

「韋駄天」はこのような言葉にも、置きかえできます。

・俊足
・健脚
・足が速い
・迅雷風烈
・高材疾足
俊足(しゅんそく)は足の速い人に対する褒め言葉です。

最近では、スポーツシューズのブランド名になっています。

また健脚(けんきゃく)とは、年を取っても元気に歩けること。

丈夫な足を持っている人につかいます。

また迅雷風烈(じんらいふうれつ)とは雷神様のように、素早い行動に対してつかいます。

高材疾足(こうざいしっそく)は、スポーツ万能で優れた才能があることです。

まとめ

「韋駄天」の意味や使い方をおさらいしました。

神社やお寺に祀られている韋駄天様は、足の速い神様のこと。

そこからスポーツの才能があって、足の速い人の例えとして用いられるようになりました。

健脚や俊足をあらわす、とても縁起のいい言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典