スポンサーリンク

「音速」と「マッハ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「音速」と「マッハ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「音速」「マッハ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「音速」とは?

「音速」は、音波が到達するまでの時間を示す言葉で、秒速という言葉で表していました。

「音速」には、2つの速度があり、一つは「音速」「超音速」という足の2種が存在します。

超音速以降は、別の言い方で速度を示すことが多く新しい単位を使った方がおおよその速度を求めることができるためそちらを使用するようになりました。

「音速」の使い方

「音速」は、音の到達がいつごろかを秒という単位を使用していつに音が到達するかを示すために使用します。

ただ、日常生活においては使用することはなく、ジェット機などの速度を求める場合も、旅客機は「音速」ですが、戦闘機となると、「超音速」になりますのでこちらも速度を示す単位としては別の単位を使用します。

「マッハ」とは?

「マッハ」は、航空機が超音速に至った状況にあることを示します。

そして「マッハ」は一つの単位で、物体が移動する際の速さの単位です。

例えばマッハ1は、1,224キロの時速になりますのでこれは移動する速度を時速で表した場合、1,224キロとなります。

ただ、超音速に至らない速度、1,224キロ以下の場合、音速という呼び方になり、マッハ1以下の速度という扱いになるのです。

「マッハ」の使い方

「マッハ」は、航空機の速度の単位として使用します。

空を飛んでいて、かつ超音速で移動する物であれば「マッハ」になりますが、ヘリコプターなどの航空機は超音速で飛行できないため、「マッハ」の速度が出ていることを名乗ることはできません。

「音速」と「マッハ」の違い

「音速」「マッハ」の違いは、航空機の速度の単位としてみているか、単に音が伝わる速度としてみているかという違いです。

「音速」はあくまで音が伝わる速度ですので、伝わる音は何でもよいです。

一方「マッハ」は、航空機の速度の単位ですので、どの様なものかというのは特定されており、航空機でなければ成立しないという違いがあります。

まとめ

「音速」「マッハ」の違いですが、「音速」には種類がありまして「超音速」からでないと航空機の速度の速さを示す言葉にならないです。

昔、超音速攻撃ヘリ、エアーウルフという映画があり、こちらの作品は、超音速移動する航空機である「マッハ」で移動することができる減りが登場する作品があり、恐らく作品を見た多くの方は、「マッハ」「超音速」であると理解をしているはずです。

実はこの考えはその通りで、「マッハ」は、航空機が超音速に至ったかどうかになり、音速である場合、それは単に音が伝わる速さを示す単位でしかないのです。

ですので、「音速」「マッハ」の違いは、航空機の速度を示す言葉であるか、単純に音が伝わるまでの速さを示す単位として機能しているかになります。

そのため映画、エアーウルフは、おおよそ最大でマッハ2以上の速度を誇る戦闘ヘリであるのですが、現実には、あり得ず、ヘリは超音速を超えることはできません。

ですのでヘリの場合、良くて音速で速度を示すか時速で示すのが正しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典