「頭の悪い人」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「頭の悪い人」

あの悪い人というのは人の話が簡単に理解できない人、空気を読むことができない人、周りを疲れさせる人、記憶力がない人、自己中心的な人など様々な定義があります。

主観的に周りから頭が悪いと思われることがあり、必ずしも勉強ができないからといって頭が悪いというわけではありません。

「頭の悪い人」の意味

頭の悪い人という表現には様々な意味があります。

頭の悪い人はそもそも多くのことを受け入れることができず、自分の意見が絶対に正しいと思っている傾向があるのです。

そのため、周りが頭が悪いと思っている人こそ周りに対して頭が悪いと思っている可能性もないとは言えません。

「頭の悪い人」の言葉の使い方

頭の悪い人という表現にはかなり批判的な庭ん子を含みますので、本人に対しては使わない方が良いでしょう。

噂話などにおいて使われることが多いです。

「頭の悪い人」を使った例文・短文(解釈)

それならば、頭の悪い人というのはどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは頭の悪い人という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「頭の悪い人」の例文1

「頭の悪い人の事は相手にするもんじゃないよ、疲れるだけだからね」

誰しも、物わかりが良い人と話をしたいと思いますよね。

しかし、話をしてもなかなか分かってくれない、理解させるまでに時間ばかりかかる、前に話したことを覚えていない、などという人だと話していても疲れるのではないでしょうか。

そのような人に対して説得を試みても時間の無駄なことが多いです。

もちろん必要があれば何度話しても理解させる必要がありますが、何度話してもわかってくれない、本人が分かろうとしない、などという場合はそもそも労力の無駄になってしまう可能性もあります。

「頭の悪い人」の例文2

「彼女は本当は頭の悪い人じゃないんだよ。むしろ頭が良すぎて、頭の回転の速さが他の人と違うんだ」

何を話してもちんぷんかんぷんなことばかりいうからこの人は頭が悪いのではないかと思ったら実は頭が良すぎるということもあるかもしれません。

他の人と頭の回転の速さが違えば、話をしてるポイントがずれてしまうことも考えられます。

しかし、だからといってその人は頭が悪いというわけではなく、ただ単にもっとより速い速度で頭を動かしているという可能性もあるのです。

そのため、ちんぷんかんぷんなことを言われたからといってその人は頭が悪いと決めつけることはできません。

「頭の悪い人」の例文3

「頭の悪い人に重大な責任を持つような役職は与えないほうがいいよ」

人間には誰しもそれなりの責任があるものですが、頭の悪い人に重大な責任を持つような役職を与えてしまうと失敗に終わってしまう可能性があります。

普通の人は責任を持って役職を果たしますが、そもそも頭の悪い人の場合は責任を持つという感覚がなく、役職を果たしてくれない可能性があります。

どれだけ責任があったとしてもそこまで考えていない可能性もありますし、役職を適当な気持ちで端されても大変です。

ですから、頭の悪い人にはあまり重要な役は任せないほうが無難だと言えるでしょう。

「頭の悪い人」の例文4

「頭の悪い人にやり方を説明しても無駄だよ。もうちょっとスマートな人に説明しないと」

例えばテレビなどを買ってきたとき、きちんと接続しなければいけませんよね。

しかしそもそも頭の悪い人にそのようなやり方を伝えてもうまくいくはずがありません。

もちろん時間がかかればできるかもしれませんが、さっさと終わらせたいという場合はスムーズに物事を進められる人に説明をした方が良いでしょう。

説明をする人は選ばなければいけないのです。

家族の中であっても、物分かりの良い人に説明するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典