スポンサーリンク

「食べる」と「貪る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「食べる」と「貪る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「食べる」「貪る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「食べる」とは?

「食べる」は動物などが経口摂取により生きるために栄養を吸収する行為です。

「食べる」は生きるために口から栄養を吸収する行為でありますが、同時に飲食物を楽しむ行為でもあり、人間の場合「食べる」は一種の飲食を楽しむ行為でもあるのです。

また、「食べる」は、物理的に経口摂取などで栄養を取り入れる行為であるため、接触による行為を「食べる」ということも可能です。

「食べる」の使い方

「食べる」は口から物を経口摂取する場合、「食べる」という言葉を用いてその様子を知らせます。

「食べる」「食べ物」とすることで飲食が可能なものであるとするため、「食べ物を食べる」とすることで飲食可能な食べ物を口にするという使い方が可能です。

この場合、「食べ物」が経口摂取が可能なものに当たるため、物理的に経口摂取しているとみてよいのです。

「貪る」とは?

「貪る」はあさましく食べ物を摂取し続けることです。

摂取し続けることである点が「貪る」の特徴で飽きずに延々と摂取する場合に用います。

「貪る」の使い方

「貪る」は飲食可能なものを延々と摂取するという以外にも使用することができる言葉で、お金など明らかに食べ物と異なるものを延々と搾取し続けることにも「お金を貪る」とすることで延々と第3者からお金を搾り取るという表現が可能です。

「食べる」と「貪る」の違い

「食べる」「貪る」の違いですが、「食べる」は飲食可能なものをあくまで摂取することで延々と摂取し続けることではありません。

ですが、「貪る」はあさましくも、延々と飲食可能なものを摂取し続けることをさし、お金など食べ物と異なるものを搾取する場合にも用いることができるため、違いは、延々と搾取するかそうではないかです。

「食べる」の例文

・『昼ご飯を食べるには時間が早い』
この例文はお昼ご飯を頂くにはまだ時間が早すぎるという例文です。

「食べる」とすることでおそらく対象となるものは経口摂取により飲食物を取り入れるものだと判断できます。

「貪る」の例文

「利権を貪る」
この例文は、自分が持つ権利を悪用して富を延々と得続けるという例です。

「貪る」「食べる」と違い対象者をお金や権利のように広い意味で延々と搾取することが可能であるものを対象とすることができます。

まとめ

「食べる」「貪る」は大きな違いは延々と搾取という形で飲食物を摂取するかしないかになります。

また、「貪る」は搾取という形で延々と利益を得続けるものを対象とすることが可能で「利権を貪る」「お金を貪る」などの言葉がありますが、「食べる」は物理的に物を経口摂取する言葉ですので「利権を食べる」「お金を食べる」という言葉はお金を食べる生物ではない限り成立せず、その理由は利権やお金は飲食が可能ではないため、この言葉に該当しない言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典