「馬主」と「生産者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「馬主」と「生産者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「馬主」「生産者」の違いを分かりやすく説明していきます。

「馬主」とは?

「馬主(ばぬし)」とは、「馬、特に競走馬(サラブレッド)の所有権を持っている個人・法人・組合」のことを意味する競馬用語です。

「馬主」になるためには、「各競馬主催者による馬主登録」および「審査を通過するための一定以上の資産・収入」が必要になります。

「馬主」には「個人馬主・法人馬主・組合馬主」の区分があり、個人馬主にはさらに「軽種馬生産個人馬主・本邦外居住者個人馬主」の種類があります。

「生産者」とは?

「生産者(せいさんしゃ)」とは、「牝馬に種付けして競走馬(サラブレッド)の生産を行っている牧場・ブリーダーやその牧場のオーナー」のことを意味する競馬用語です。

「生産者」の仕事は基本的に「新たな競走馬(サラブレッド)を生み出すこと」ですが、生産者が種付けする牝馬の所有権を持っている場合には、「生産者が馬主になるオーナーブリーダー」「セレクトセールへの出品」になります。

「馬主」と「生産者」の違い!

「馬主」「生産者」の違いを、分かりやすく解説します。

「馬主」「生産者」「競馬・競走馬(サラブレッド)に関係する用語」としての共通点を持っていますが、「馬主」というのは「一定以上の資産・所得があって審査をパスし、競走馬(サラブレッド)の所有権を持っている個人・法人・組合」のことを意味しています。

「馬主」に対して「生産者」というのは、「牝馬に種付けして競走馬(サラブレッド)を生産している牧場やそのオーナー」のことを意味しているという基本的な違いがあります。

ただし「生産者」「種付けする牝馬の所有者」である場合には生まれてくる仔馬の「馬主」になり、自分が所有するために生産している牧場(生産者)のことを「オーナーブリーダー」と呼びます。

まとめ

「馬主」「生産者」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「馬主」とは「馬、特に競走馬(サラブレッド)を所有している人・法人・組合」を意味していて、「生産者」「牝馬に種付けして競走馬(サラブレッド)を生産しているブリーダー・牧場」のことを意味している違いがあります。

「馬主」「生産者」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典