スポンサーリンク

「騙す」と「嘘」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「騙す」と「嘘」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、騙すと嘘の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

騙すとは?

騙すとは、偽りで人をあざむくという意味があります。

たぶらかして、人を不快な気持ちにさせるという意味合いもあります。

本当ではないことを平気で相手に伝えて、本当であるように思い込ませます。

その人が本当かと思って自分を信じるその姿を見て楽しい気持ちが芽生えるのも、この騙すに当てはまる感情です。

人が本気で騙されると快感を覚えたり、気を紛らわすなど騙す人は悪いことをしていると知っていて、人をあざむくのが楽しいと快感を覚えるのです。

このような人は何度も人を騙すことでストレスを発散したり、嫌なことをまぎらわせます。

使い方としては、「人を騙すことがうまい」とその人を褒めるときに使う場合もあります。

たいていは悪い意味で使う言葉であり、騙すような人とは付き合うといいことはないので、「人を騙すような人とは付き合ってはいけない」と忠告するときに使います。

嘘とは?

嘘とは、事実ではないことを相手に伝えることを意味しています。

まったくそんな事実はないというのに、平気で人にありもしないことを言うとき「嘘をつく」と言います。

自分の方から故意に虚偽の話を作り上げて、相手を信じ込ませようとするときに使うことで信じ込ませ、自分が悪い立場にならないようにするわけです。

しかし、いくら正しく生きている人でも嘘をつくことはあります。

ただ、このときの嘘をつくとは、人を笑わせたり、職場での人間関係をいいものにするために使います。

また、愛する家族や恋人などにあえてかわいく嘘をつくことで気持ちをつかみ、幸せな気持ちにすることもできます。

このかわいい嘘とは、疲れているのに「今日は○○君と会えて本当に嬉しい」と事実とは違うことを言えば相手を幸せな気持ちにできるのです。

騙すと嘘の違い

騙すと嘘の違いを、分かりやすく解説していきます。

本当ではないことを言って人にそう思わせる騙すと、事実ではないことを相手に伝えて信じ込ませる嘘との違いは、人に対して偽りのことを言って相手をたぶらかすか、自分がやった行為に対してあたかもあったかのように伝えるという違いがあります。

騙すの例文

・人を騙すような人とは付き合ってはいけない。

・あの人は平気で人を騙すから注意しろ。

人を平気で騙す人といると自分もそのような悪い心を持つ人になってしまうので、付き合わないようにしましょう。

平気で人を騙す人はいずれ自分も騙されて、悪いことに巻き込まれることがあります。

嘘の例文

・私は嘘をつく人は嫌いだ。

・かわいい嘘で相手の気持ちをつかむ。

自分は嘘をつく人とは付き合えないし、拒否する気持ちを表しています。

一方で、愛する相手には嬉しくなるような嘘をつくことで気持ちを掴み、いい雰囲気にできるわけです。

まとめ

人を酷い嘘で陥れたり、騙してまでのし上がろうとする人がいますが、いずれにしても人を傷つけ、嫌われてしまう原因となってしまいます。

嘘ばかりつく人や、騙す人は信頼と信用も失うことになりますので、そういった人にならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典