「骨子案」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「骨子案」

骨子案というのは「こっしあん」と読み、全体の骨組みとなるおおまかな案を意味しています。

人間の体は骨と筋肉から成り立っていますが、骨が1番の希望になりますよね。

それと同じです。

骨子案は文章になっておらず、要点のみが箇条書きになっていることも珍しくありません。

「骨子案」の意味

骨子案とはビジネスシーンで使われることが多い表現であり、草案等と言われることもあります。

例えば、「これは今度のプロジェクトの骨子案だから、しっかりと目を通しておいてね」などと使われることがあります。

まず、これは何かを作り上げる上で重要な部分、要点、などという意味を持っており、骨組みという言葉を指す場合もあります。

つまり、今後何らかの形で構成していかなければならないものの基盤となる部分を指すと言えるでしょう。

「骨子案」の言葉の使い方

骨子案という言葉は草案とも異なります。

というのは、草案というのは文章や規約等の下書きを指しており、あくまでもおおまかなものになります。

そのおおまかなものを作り上げる前段階のもとになる案は素案と呼ばれており、素案のさらに前の段階のものが骨子案になります。

つまり、草案というのは骨子案がさらに進歩したものだと言えるのです。

「骨子案」を使った例文・短文(解釈)

それならば骨子案を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは例文をいくつか紹介します。

「骨子案」の例文1

「次の会議までに骨子案を作っておいて」

ビジネスの場においてはプレゼンテーションがとにかく大切です。

そして会議の前には何らかの意見をまとめておかなければいけないですよね。

そのような意見をまとめてもらう際に「骨子案を作っておいて」ということがあります。

まだそこまで構成をする必要はないけれど、基盤となる部分は考えておいてね、という意味合いで使われることが多いです。

「骨子案」の例文2

「あの骨子案ではきちんとしたプロジェクトが進まないよ」

職場では新しい考えを出していかなければいけませんが、そのような中でも骨子案を見ただけで「このままではうまくいかない」などと思われてしまうこともあります。

まだ構成がされているわけではなかったとしても、そこに至る前の段階で「これではダメだ」と批判されてしまうこともあるでしょう。

そのような場合には、新たな骨子案を考えていかなければいけません。

今までのものを少し変更することもありますし、大幅に変更する場合もあります。

「骨子案」の例文3

「彼女の骨子案はいつも学ぶべきところがある」

マーケティングを担当している人などの中には、常に新しいアイディアがいっぱいで、いつも魅力的な考え方をしている人がいます。

特にそのようなフィールドが苦手だという人にとっては、そのような様々なアイディアを持っている人から学ぶところもたくさんあるでしょう。

だからこそ、様々な人と意見交流をして、いろいろな意見を聞いていきたいものです。

意見だけを聞くのではなく、考え方を学んでで行くことから、自分も新しいアイディアを持つことが可能になります。

「骨子案」の例文4

「今回は彼の骨子案でプロジェクトを進めていこう」

ビジネスでは様々な人が意見を出し合い、そこから良いものを選んでいかなければいけません。

お互いの意見を改善させたり、誰かの意見を中心に物事を進めていくなど、様々な方法でビジネスが進んでいきます。

そんな時、あらゆる意見を戦わせた後、1人の骨子案を中心にプロジェクトなどを進めていく時、このような言い方ができます。

その意見のサポートが出来るように、構成をしっかりしてプロジェクトを成功させていきたいものです。

また、今度は自分の意見が選ばれたら光栄ですね。

新たな意見から学んでいく姿勢が大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典