スポンサーリンク

「高値」と「高価」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高値」と「高価」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高値」「高価」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を是非とも把握して、適切と思われる場面で使い分けてみてください。

意外に使うことが多い言葉かもしれません。

スポンサーリンク

「高値」とは?

最初に「高値」の意味をご説明致します。

「高値」の意味とは、基本的に物の値段が高いことを意味しております。

また、取引の場で一定期間のうちに、ついた最高の値段を表す際にも使われますので、是非とも参考にして使ってみてください。

「高価」とは?

次は「高価」の意味を解説していきます。

「高価」の意味としては、基本的に物の値段と価値が高いことを意味しており、尚且つ高級品に対して使われる意味合いが強いので、是非とも抑えておいてください。

「高値」と「高価」の違い

ここでは「高値」「高価」の違いを解説します。

「高値」「高価」の違いの違いについては、基本的に上で解説した意味を当てはめてみてください。

自ずと違いが見えてきます。

前者の場合は、物の値段が高いことや高くなることを意味しており、取引の場で一定期間のうちに、ついた最高の値段を意味しているのです。

後者の方は、物の値段と価値が非常に高い意味があります。

こちらは基本的に、高級品に対して使う事が多いのです。

違いを理解したところで、使い方を見ていきましょう。

「高値」と「高価」の使い方

「高値」「高価」の使い方としては、上の意味と違いを当てはめてみてください。

前者を使う場合は、「最近、野菜が高値になってきて家計を圧迫している~」という使い方が非常に分かりやすいでしょう。

後者の方は、「百貨店で買った高級バッグは、非常に高価だったと聞いたので~」という使い方が妥当であり、場面の方も想像できるはずです。

「高値」を使った例文

ここの項目にて「高値」を使った例文を書いていきます。

・『不動産市場でマンションが高値を打ち立てたそうだ』
・『このところ雑貨や食品が高値となっており、節約がしにくくなっている』
・『高値がついても景気は良くないようだ』
・『高値がつくと消費が減るらしい』
・『オークションで高値がついたレコードを手に入れた』

「高価」を使った例文

・『あれは非常に高価なグランドピアノだ』
・『高価なブランド品を彼は数多く所有しているようだ』
・『我々には高価でも、彼には高価ではないらしい』
・『ブランドショップにて高価なバッグを購入した』
・『金策する際に、高価な衣類等を売った』

「まとめ」

まとめとして、「高値」とは物の値段が高いことや高くなることを意味しております。

尚且つ、取引市場にて最高額を記録した際にも用いられます。

そして、「高価」とは物の価値や値段が高い事であり、高級品等に対して使われますので、抑えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典