スポンサーリンク

「髪質改善」と「縮毛矯正」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「髪質改善」と「縮毛矯正」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「髪質改善」「縮毛矯正」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「髪質改善」とは?

髪の質の悪いところを好ましいものにすることです。

具体的な定義はなく、髪の手触り、ツヤ、ボリュームなどを改善することをいいます。

人それぞれ、好ましいと思う髪の状態は異なります。

たとえば、うねりがひどくて悩んでいた人がいたとします。

この人は、髪のうねりは好ましくないものだと考えています。

「髪質改善」は悪いところを好ましい状態に改めることなので、この人の場合はうねりをなくすことが「髪質改善」になるでしょう。

ツヤがなくて悩んでいる人なら、ツヤを出すことが「髪質改善」になります。

具体的な定義はなく、髪の質を改善することを「髪質改善」といいます。

自宅でできるヘアケア製品が販売されています。

美容院でやってもらうことも可能です。

「髪質改善」の使い方

髪のうねり、ツヤ、ボリュームなどを改善することを指して使用します。

具体的な定義はありません。

「縮毛矯正」とは?

もともと縮れた状態の髪をほぼまっすぐな状態にすることです。

生まれ持って波打ち縮れた状態の髪をまっすぐにすることであり、もともと縮れているのではなく、パーマをかけるなどして縮れた状態になった髪をまっすぐにすることではありません。

「縮毛矯正」には、薬剤と熱を使用します。

薬剤には1剤と2剤があります。

まず1剤を塗布します。

その後、洗い流しと乾かしを行い、セッティングをしてからヘアアイロンをかけます。

そして、2剤を塗布してしばらく放置をしたら、洗い流して乾かします。

この方法によって、ヘアアイロンだけでは髪がまっすぐにならなかった人でも、まっすぐな髪を手に入れられることが期待できます。

しかし、薬剤を使用するので髪に負担がかかります。

また、美容院でのケアには時間がかかります。

「縮毛矯正」の使い方

もともとの縮れている髪の毛をまっすぐな状態にすることを指して使用をする言葉です。

パーマをかけるなどして縮れている髪をまっすぐにすることではありません。

「髪質改善」と「縮毛矯正」の違い

どちらの言葉も紙の状態を変えることを意味しています。

前者の言葉は具体的な定義がなく、髪をまっすぐにすること、ツヤを出すこと、ボリュームを出すことなどを指しています。

後者の言葉は、髪をまっすぐにすることです。

ツヤを出す、ボリュームを出すといったことではありません。

「髪質改善」の例文

・『美容院で髪質改善をしてもらう』

・『髪質改善と謳うトリートメントを使う』

・『髪質改善をしてサラサラヘアになった』

・『髪質改善メニューを用意しているヘアサロン』

「縮毛矯正」の例文

・『縮毛矯正をしたら印象が変わった』

・『縮毛矯正にかかる費用が高かった』

・『縮毛矯正をしようと考えている』

・『縮毛矯正はやめました』

まとめ

どちらの言葉も髪の状態を変えることを指していますが、やっていることが違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典