スポンサーリンク

「鬼ごっこ」と「追いかけっこ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鬼ごっこ」と「追いかけっこ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鬼ごっこ」「追いかけっこ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鬼ごっこ」とは?

「鬼ごっこ」は、昔からある子供の遊びで、道具を使わずに遊べるために、人気の遊びです。

幼稚園や小学校、中学校の休み時間に、この「鬼ごっこ」の風景を目にすることがあります。

簡単に「鬼ごっこ」と言っても、そのルールは色々あります。

そのために、鬼ごっこを始める前には、どんなルールで遊ぶかを決めることも珍しくありません。

よくあるルールの例を紹介してみましょう。

まずは、ジャンケンやくじ引きで鬼を決めることから始めます。

鬼が決まれば、鬼以外の人が鬼から遠くに逃げます。

鬼はしばらくしてから、逃げている人を追いかけて、その中の誰かにタッチします。

するとタッチされた人が、今度は鬼となって他の人を追いかけます。

時間制限がなければ、体力が続く限り永遠に続きます。

また、鬼が他の全員を捕まえるタイプの鬼ごっこは、鬼にタッチされると、そこで捕まったことになります。

つまり鬼が全員を捕まえれば、そこでゲーム終了となります。

また「目隠し鬼」「いろ鬼」「手つなぎ鬼」など、基本の鬼ごっこに少し違う要素が加わった鬼ごっこも、楽しい遊びとして子供たちから人気があります。

手軽に遊べる子の遊びは、日本以外にも世界各国で子供たちから人気があります。

ちなみに、英語では“tag”“catch and catch”となります。

「鬼ごっこ」の使い方

「鬼ごっこ」は、誰かが鬼になり、戸外で走り回る遊びです。

2人以上集まれば遊ぶことはできますが、そうなると鬼は常に交代となってしまいます。

小さな子供は2人での鬼ごっこでも喜びますが。

鬼という存在が面白いから出そう。

しかしある程度年齢が上がれば、「鬼ごっこ」ではなく、「追いかけっこ」と言うようになるのが一般的です。

「追いかけっこ」とは?

「追いかけっこ」は、誰かが逃げて、誰かが追うことを意味します。

「追いかける」を親しみやすい子供言葉にした表現です。

子供の遊びとして人気です。

「追いかけっこ」は、あまりルールは存在しません。

ただ、追いかけて捕まえると言う単純な遊びになります。

「追いかけっこ」の使い方

遊び方として使われる一方で、「猫が追いかけっこしているね」など、 動物や虫が、他の何かを追従しているときにも使います。

「鬼ごっこ」と「追いかけっこ」の違い

「鬼ごっこ」「追いかけっこ」は、どちらも走って遊ぶという子供の遊びです。

しかし「鬼ごっこ」は、どちらかと言えば大人数で行い、なんらかのルールを決めて遊びます。

また必ず鬼が存在します。

それに対して、「追いかけっこ」は、2人で走り回るという遊びになります。

まとめ

「鬼ごっこ」「追いかけっこ」は、どちらも昔からある遊びです。

日本のみならず、世界中で似たような遊びが存在しています。

屋外で元気いっぱいに友達と身体を動かすことは、子供達の心身の発育に良い影響を与えます。

残念ながら、コンピューターゲームやスマホの普及で、子供達が「鬼ごっこ」「追いかけっこ」などの遊びをする機会は少なくなってきています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典