「黙祷」と「瞑想」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「黙祷」と「瞑想」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「黙祷」「瞑想」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「黙祷」とは?

「黙祷」の意味と使い方について紹介します。

「黙祷」の意味

「黙祷」「もくとう」と読みます。

意味は、「声を出さずに心の中で祈りをささげること」です。

「黙祷」の使い方

「黙祷」は、声に出さずに黙って祈りを捧げることを言います。

追悼の意を表す時に、その場に大勢の人が集まったり、全国各地に散らばっている場合、全員で祈りの言葉を揃えるのは難しくなる為に、声を出さずにそれぞれが黙って心の中で祈りを捧げることです。

式典によっては軽く礼をしたり、心の中の祈りに集中する為に目をつぶることもあります。

「黙」「だまる」とも読み、「声や言葉を出さないこと」という意味、「祷」「いのる・まつる」という意味、「黙祷」「声を出さずに祈る」になります。

一般的には戦没者や、災害により亡くなった人に対して、宗教の壁を越えて追悼する時に使われます 因みに、公式行事では宗教色をなくす為に、「黙祷」の他にも「慰霊」ではなく「追悼」という言葉が使われます。

「瞑想」とは?

「瞑想」の意味と使い方について紹介します。

「瞑想」の意味

「瞑想」「めいそう」と読みます。

意味は「目を閉じて、心を静め、無心になってを自分の思いに集中すること」です。

「瞑想」の使い方

「瞑想」は、静かな場所で眼を閉じて、無心の状態で心に思いを浮かべて集中することを言います。

日常でストレスが溜まった時などに、ヨガなどをしながら心を落ち着かせる為に行うものや、宗教による儀式の一つとして、自分の信仰を深め神と一体感を得る為に行うものなど様々です。

「瞑」「目を閉じる」「暗い」という意味、「想」「おもい巡らす」という意味、「瞑想」「目を閉じて思いめぐらす」になります。

「瞑想」は宗教色が濃く、言葉自体に嫌悪感を持つ人もいます。

「黙祷」と「瞑想」の違い!

「黙祷」「声を出さずに心の中で祈りをささげること」です。

「瞑想」「目を閉じて、心を静め、無心になってを自分の思いに集中すること」です。

まとめ

今回は「黙祷」「瞑想」の違いをお伝えしました。

「黙祷は祈ること」「瞑想は思うこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典