スポンサーリンク

「鼻塩塩」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鼻塩塩」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鼻塩塩」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

1.「鼻塩塩」の意味

ネットなどで使われる言葉、話をしよう

「話しをしよう」のネットスラング

「鼻塩塩」の解説

「鼻塩塩」は、振り仮名にすると「はなしおしお」ですが、発音する時には「話をしよう」と読みます。

意味は文字通り「話しをしよう」で、ネットスラングです。

元ネタは、「エルシャダイ」というPS3のアクションゲームです。

ゲームに登場する「ルシフェル」というキャラが「話をしよう、あれは今から・・・」というセリフがあるのですが、滑舌が悪く「はなしおしお」に聞こえることから、漢字をあてはめて使われる様になりました。

「鼻塩塩」の使われ方

「鼻塩塩」は、掲示板で「エルシャダイ」のトピに「鼻塩塩」と使われたのが最初です。

そこから転じて、ネットゲームのチャットで「ちょっと鼻塩塩」などと使われる様になっています。

こちらは「話をしよう」というよりは「ちょっと集まって」というニュアンスで使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典