スポンサーリンク

「~べきだ」と「~はずだ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「~べきだ」と「~はずだ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「~べきだ」「~はずだ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「~べきだ」とは?

「~べきだ」というのは何かをする時にこうした方がより良い結果を出せるからやった方が良いという事を伝える時に使う表現です。

特に誰かが何かをやろうとしている時に迷っている時にやった方が良いという事を伝える時に使います。

また、やる気満々で何かをしようとしている相手に対してやめた方が良いと思う時にもやめた方が良い事を伝える時も使います。

なので、「~べきだ」というのは誰かに何かを促す時にこうした方が良いという事を伝える時に使うものです。

「~はずだ」とは?

「~はずだ」というのは何か分からないものに対しておそらくこうであると決めつける時に使う表現になります。

なので、「~はずだ」を使う人は自分ではそれが正しい事だと思っているというのがありますが、それは絶対に正しいとは限らないです。

自分ではそれが正しいと思っていても実際は正しくない時でも正しいと思っていたら使う表現です ただ、「~はずだ」というのは使っている本人もそれが完全に正しいとは思ってない時でも使います。

少しは違う可能性がある事も分かっていても使う事ができます。

「~べきだ」と「~はずだ」の違い

「~べきだ」「~はずだ」の違いはまず使い方からして全然違います。

「~べきだ」は何かをするように促す時に使う表現ですが、「~はずだ」の場合はあるものがこういうものであると言いたい時に使う表現になります。

なので、「~べきだ」「~はずだ」では全くその意味も違えば使い方も違います。

「~べきだ」はある事をした方が良いと誰かに促す時に使う表現ですが、何かをした方が良いと誰かに伝えるにもかかわらず、必ずしも相手の事を考えて助言しているとは限らないです。

中には相手を貶める事が目的で「~べきだ」と相手に何かを促すために使う事もあります。

「~はずだ」はあるものがどういうものか分からない時にきっとこういうものであるに違いないと言いたい時に使うものです。

これは自分の願望が含まれることもあって必ずしも正しい事を言っていなくても使えます。

まとめ

「~べきだ」「~はずだ」ではその意味も使い方も全然違います。

「~べきだ」は何かをした方が良いと相手に伝えたい時により相手が自分の言う事を聞いてくれるようにするために使う表現になります。

普通に誰かに何かをした方が良いと言うよりも、 「~べきだ」と言って何かをするように促した方が相手は話をより真剣に聞いてくれるというのがあります。

なぜなら、普通に何かした方が良いと言うよりも「~べきだ」と言った方が言う事を聞かないといけないような気になるからです。

なので、相手により強く何かを促したい時に「~べきだ」を使う事になります。

「~はずだ」というのはどういうものか分からないものでも自分はこう思うという事を強く伝えるために使う表現です。

それが実際に正しいかどうかはそこまで重要ではないです。

自分がこういうものだと思っている事を相手に伝える事が重要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典