スポンサーリンク

「3150」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「3150」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「3150」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「3150」とは?意味

「3150」は、当て字でサイコーと読みます。

つまり、気分などが良いことを意味し、最高だということを述べるために使用します。

なお、この当て字は、SNSなどの情報を発信するツールで使用し、短時間で何を述べたいかを容易に確認できることと、打ち込む速度を重視することができることからよく使用される文字列です。

「3150」の概要

「3150」の当て字ですが、この当て字をSNSやYouTubeで使用したのは、実はボクシングの亀田興毅さんのお父さんですが、実はこの当て字自体は昔から存在してます。

というのも、SNSやYouTubeが流行する以前、自動車のナンバープレートでその感情や心境を表すことができるということが話題になり、暴走族の方々は、お金を支払い、「3150」のナンバープレートを購入していたのです。

しかも自動車の場合、「4649」「4233」などの他「4989」などもあります。

「4649」はよろしくと読み、「4233」はかなり悲惨で死に散々と読むうえ、「4989」は四苦八苦でこれらマイナスになるナンバーはあえて避けたいということを皆考えていたことがあり、これらナンバープレートの語呂はお金でやり取りができたのです。

その為、実のところ、そんなに珍しいこともなく、昔からあった語呂をそのまま今の文明に適応したのがこの「3150」になります。

「3150」の言葉の使い方や使われ方

「3150」は、語呂合わせで分かる者だけに分かればよいという考えで、最高という使われ方をします。

その為、自動車のナンバーを見て「3150」だった場合、それは最高と読む可能性が高いです。

「3150」を使った例文

・『3150の自動車ナンバーを取得する』
これは、昔の自動車ナンバーの取得法で、当時はナンバープレートの数字に余裕があって縁起が良い物や面白いものは率先してお金を払えば自動車のナンバーとして適応されました。

逆に縁起が悪い番号、「4233」「4989」などは避けたい番号であるためこれも同様にお金を払えば、このナンバーを避けることができたのです。

まとめ

「3150」を最高と読むのは、実は昔から読み方としてありまして、暴走族関連の方が好んだナンバーでした。

「4649」なども暴走族関連の方が好んだナンバーなんですが、今現在は、あまり見かけません。

この番号で語呂合わせで何かを表現するというのは昔からあり、「3150」はプラスの考えを示しますが、マイナスの考えもあり、「4989」などマイナスのイメージがある言葉は、自動車の場合、お金を支払うことで回避できたのです。

これを希望ナンバーと呼び、お金を払えばあの番号は避けたい、あの番号が良いというのができ今現在も自動車などの乗り物は自分の好みの番号をお金で購入できるので「3150」も割と購入できるナンバーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典