スポンサーリンク

「Aカップ」と「AAカップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Aカップ」と「AAカップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Aカップ」「AAカップ」も、バストサイズを表す表現です。

この記事では、「Aカップ」「AAカップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Aカップ」とは?

バストサイズやブラジャーカップサイズの計算式は、(トップバスト)-(アンダーバスト)です。

トップバストとは、バストの一番高いところ、アンダーバストとはバストの下部分のことです。

「Aカップ」は、バストの高いところと低いところの差が9. 0cmから11. 0cmの場合を指します。

バストの重さは両バストをあわせて約330gです。

これはLサイズのミカン2個ほどの重さです。

「AAカップ」とは?

「AAカップ」とは、トップとアンダーの差が6. 5cmから8. 5cmの場合を指します。

「AAカップ」よりも小さなバストは「AAAカップ」で、トップとアンダーの差は約5cmほです。

「AAカップ」のブラジャーは、それ以外のサイズと比べて種類が少ないのですが、小さな胸の人向けに販売されていることがあります。

「Aカップ」と「AAカップ」の違い

「Aカップ」「AAカップ」を比べてバストサイズが大きいのは「Aカップ」です。

バストサイズは(トップバスト)-(アンダーバスト)で求め、2つの差がより大きいのは「Aカップ」です。

トップとアンダーの差があるほど、バストサイズが大きくなります。

まとめ

「Aカップ」「AAカップ」は、どちらもバストサイズ、ブラジャーのカップサイズを表しています。

違いはトップバストとアンダーバストの差です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典