スポンサーリンク

「BS」と「CS」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「BS」と「CS」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「BS」「CS」は、どちらもテレビ放送で使用される言葉ですが、違いを知っていますか。

この記事では、「BS」「CS」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「BS」とは?

「BS」は、放送衛星を使用したテレビ放送を意味します。

“Broadcasting Satellites”の略です。

テレビ放送には、地上放送と衛星放送があります。

地上放送は、地上にある施設を使用して、放送局と家庭との間で電波を送ります。

衛星放送は、赤道上空36000kmにある衛星放送を使用して家庭に電波を送ります。

「BS」は、東経110度に打ち上げられた衛生を使用して電波を送っています。

「BS」放送を視聴するためには、アンテナとチューナーが内臓されたテレビが必要です。

チューナーがテレビに内臓されていない場合は、別途チューナーを用意します。

「CS」とは?

「CS」は、通信衛星を使用したテレビ放送を意味します。

“Communication Satellites”の略です。

「CS」放送を視聴するためには、アンテナとチューナーが内臓されたテレビが必要です。

チューナーがテレビに内臓されていない場合は、別途販売されているものを用意します。

「BS」と「CS」の違い

「BS」「CS」は、使用している衛星が異なります。

「BS」は放送衛星、「CS」は通信衛星を使用しています。

まとめ

「BS」「CS」は、どちらも衛星を使用したテレビ放送のことで、違いは使用している衛星の種類です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典