スポンサーリンク

「FP1級」と「CFP」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「FP1級」と「CFP」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「FP1級」「CFP」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「FP一級」とは?

「FP一級」とは、「金融・貯蓄・資産運用・保険などと関係するライフプラン提案の専門家であるファイナンシャルプランナーの最上位の国家資格」のことです。

「FP一級」「FP3級・FP2級の上位に位置づけられる国家資格」「学科試験+実技試験」を受ける必要がありますが、一度合格すると更新なしで生涯にわたって有効な資格になります。

「CFP」とは?

「CFP」とは、「金融・貯蓄・資産運用・保険などと関係するライフプラン提案の専門家であるCertified Financial Plannerの略」のことです。

「CFP」「ファイナンシャルプランナーの民間資格・国際資格(2年ごとに更新が必要な資格)」であり、「AFP(Affiliated Financial Planner)の上位資格」となります。

「FP1級」と「CFP」の違い!

「FP1級」「CFP」の違いを、分かりやすく解説します。

「FP1級」「CFP」はどちらも「ファイナンシャルプランナーの上位資格」のことですが、その最大の違いは「FP一級」「取得後の更新が必要ない国家資格・国内資格」であるのに対して、「CFP」のほうは「2年ごとに更新が必要な民間資格・国際資格」であるということです。

「FP一級」「資格維持のコストがない」のですが、「CFP」のほうは「FP協会の年会費12,000円+CFP会費8,000円+2年ごとの更新コスト1~5万円」などの維持コストがかかる違いも指摘できます。

ただし「CFP」「FP一級」とは違ってFP協会の会員になるため、「FPジャーナルの定期購読+スタディグループへの参加」などのサービスを受けられます。

まとめ

「FP1級」「CFP」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「FP1級」とは「更新が必要なくて維持コストもないファイナンシャルプランナーの最上位の国家資格」を意味していて、「CFP」のほうは「2年ごとに更新が必要で維持コストがかかるファイナンシャルプランナーの民間資格(AFPの上位資格)」を意味している違いがあります。

「FP1級」「CFP」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典