スポンサーリンク

「hogehoge」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「hogehoge」とは?IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「hogehoge」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「hogehoge」とは?意味

「hogehoge」は、コンピュータープログラムで、サンプルのプログラムを動作させる場合に、何かしら文字を必要とする場合打ち込まれる文字のことです。

正確には、プログラムは、データを文字として認識するのではなく、一つのデータとして認識するため、どんな名前を変数に用いてもよいのですが、あまりにも自由に名前を付けすぎた場合、ひょっとしてその文字のデータは意味があるのではないかとプログラマーが誤解するが故、どうでもよいデータの候補として作られたのが「hogehoge」です。

「hogehoge」の概要

「hogehoge」は、要はコンピューターで文字データを変数として扱い動作させる際、どうでもよいデータという存在があり、かといってプログラミングで使用されている単語をデータに用いた場合、何故、このような場所にプログラミングの文章が入っているのかということになりプログラマーが混乱するが故、どうでもよいデータ候補は無いかと探していた際に出た苦肉の策が「hogehoge」です。

一見ふざけているかのような文字の集まりですが、この文字は、コンピュータープログラムにおいては意味があり、コンピューターを動かすうえでどうでもよい文字データを必要とした場合使用する文字になります。

こうした、意味がない物をプログラムで用いることは多々あり、意味ありげな文章を構成するよりも全く意味が分からないものを使用したほうがかえってプログラマーは意味がないんだということを自学できるが故、うまれたのがこの「hogehoge」になります。

「hogehoge」の言葉の使い方や使われ方

「hogehoge」の本来の使用法は、プログラム内に意味のないデータを格納する場合、この文字を打ち込みますが、意味がないという意味であえてネットワーク上で「hogehoge」という文字列を使って意味がないことだと公言する際にも使用します。

「hogehoge」の類語や言いかえ

「hogehoge」をコンピュータープログラムで使用する意味のない文字の集まりであるとした場合、類語や言いかえに「piyopiyo」があります。

まとめ

「hogehoge」は、元々はプログラミングで文字データを必要とするプログラムがあり、それをテストする際に適当に入れた文字が「hogehoge」になります。

これらの言葉は各国で異なる文字を使用しており、プログラミングに関係する変数という値をあえて意味のない文字にすることで後からプログラミングソースを見た人物が必要性がないデータであるが一応、動作を確認するために必要なデータであると認識するため、言ってしまえばプログラミングの動作確認用文字の集まりが「hogehoge」だったり「piyopiyo」になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典