スポンサーリンク

カメラアプリの「snow」と「soda」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「snow」と「soda」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホは現代人にとって欠かせないツールとなってきましたが、生活に便利な機能だけではなく遊びの部分でも楽しめる機能が沢山あるのも人気の秘密なのでしょう。

最近のスマホはカメラ機能が高性能になっており、自分で写真を撮る自撮りが女性の間でも人気であることから、写真加工ツールも色々なものがあり目的に合わせて使うことが可能です。

中でも「snow」「soda」はストアランキングでもトップに存在するカメラアプリであり、機能も差別化されています。

この記事では、「snow」「soda」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「snow」とは?

「snow」とはネイバーの子会社であるSnow Corporationが2015年にリリースしたカメラアプリであり、様々な画像や自撮りを加工することが可能な機能によって大ヒットとなりました。

当時では最先端である顔認証機能を使っており、これによって色々な画像や写真を自動で最適に加工できることから自撮り好きな若者に対して大ヒットしており、現在では世界中で利用されています。

「snow」の使い方

「snow」はシンプルなカメラアプリであり、インストールした後は通常のスマホカメラのような使用感で色々な加工できます。

全体の雰囲気を変化させるフィルターを付けることや、顔認証システムによって自動にセットしてくれるスタンプ機能を付けて自撮りをすることが可能です。

このアプリは静止画の自撮りだけではなく、動画や音楽を付けることもできるのでこれによってSNSなどにも映える自撮りを作れるのが魅力です。

「soda」とは?

「soda」はここ最近急上昇中のカメラアプリですが、実は「snow」を作っているSnow Corporationが出しているアプリであり、使いやすさなどは共通しているのが特徴です。

「snow」は色々な種類の機能がありますが、これをより洗練してナチュラルに自撮りを加工することに特化したのが「soda」となっています。

「soda」の使い方

「soda」は基本的なフィルターやパーツの調整を重要視しており、非常にナチュラルな雰囲気を作ることが可能です。

こちら操作はシンプルなものとなっており、自撮りをする際にフィルターやパーツの調整を決めることでキレイ目な写真を作れるのが特徴です。

「snow」と「soda」の違い

「snow」は静止画だけではなく動画や音楽を付けることが可能ですし、色々なスタンプを使って楽しい自撮りを作ることが可能です。

「soda」はよりナチュラルな自撮りをする際に便利なアプリとなっており、パーツの加工を自然にしてくれるのが特徴です。

まとめ

スマホのカメラアプリは最近どんどん増えてきていますが、大人気である「snow」「soda」は押さえておくと便利でしょう。

SNS映えをしたいならば色々な加工ができる「snow」がとても便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典