スポンサーリンク

ガンダム4号機「RX-78-4」とガンダム5号機「RX-78-5」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガンダム4号機「RX-78-4」とガンダム5号機「RX-78-5」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ガンダム4号機「RX-78-4」とガンダム5号機「RX-78-5」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ガンダム4号機「RX-78-4」とは?

「RX-78-4」はRX計画の試作機4号機で、これまでのガンダムは宇宙や水中に地上など、どこでも戦うことが可能とした汎用機でしたが4号機は地上戦も可能な宇宙用という名目で構成されています。

主兵装においては、実弾はハイパーバズーカと東部にあるバルカンが実弾で、ほとんどをビーム兵装に頼っています。

これは宇宙空間では重力という概念が無いが故ビーム兵装が有効であることから高出力なビーム兵装を有しています。

反面、ビーム兵装に問題があり、メガビームランチャーにおいては、エネルギー供給源が不安定であることから過剰供給となり暴発する恐れがあること、高いエネルギー消費を補うために熱量の高い核融合炉を設けていることから冷却装置が大型である点があり、コアブロックシステムは、冷却装置の関係から廃止です。

ガンダム5号機「RX-78-5」とは?

「RX-78-5」「RX-78-4」と同時期に作られたモビルスーツで、RXシリーズの試作機5号機です。

4号機がジェネレーターによる構造上の欠陥があることに気が付いた技術者は大型のビーム兵装を急きょ取りやめジェネレーター出力を安定化を行ったのがこの試作機5号機です。

つまり、試作機4号機の失敗をもとに改修したのがこの5号機で、ジェネレーター出力が落ちていますが、実弾兵装の使用により宇宙空間においては安定した戦力となっています。

なおコンセプトにおいては4号機と同じで宇宙適正が強い地上戦もできるガンダムです。

ガンダム4号機「RX-78-4」とガンダム5号機「RX-78-5」の違い

「RX-78-5」「RX-78-4」の違いは、構造上の欠陥を取り除いたモビルスーツであるかどうかで、両者の違いは兵装とジェネレーターのパワーが異なる点位です。

実弾兵装を重視したのが、試作機4号機、ビームに特化したのが、5号機であると考えると分かりやすく、カラーリングも4号機が青と白、5号機が赤と違いがありますが、ジェネレーター出力は4号機が上で、安定重視が5号機になります。

まとめ

RX計画はいわばモビルスーツの実験になりますので、ビーム兵装に特化した宇宙適正のモビルスーツというのは、製造法としては正しい作り方で、ジオンも宇宙用と地上用を分けたことで性能差があるモビルスーツを製造しており、正しい製造法です。

その上で、実弾とビーム兵装という細かな武装の違いにもこだわったのがこの4号機と5号機で行き過ぎたビーム兵装はジェネレーター技術が進化するまで不完全であることをきちんと描写しています。

なお不完全な、ジェネレーターといえば、実はビグザムも不完全で、あれはたった30分でジェネレーターが生み出したエネルギーすべてを使い倒すという欠陥機で、あちらはジェネレーターの出力が弱すぎて問題になった機体でこちらはその逆を行っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典