スポンサーリンク

サッカーの「ファンタジスタ」と「レジスタ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サッカーの「ファンタジスタ」と「レジスタ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サッカーの試合を観戦していると、「ファンタジスタ」「レジスタ」などの言葉を耳にすることがあります。

「ファンタジスタ」「レジスタ」は、さまざまなジャンルで使われていますが、今回はサッカー(フットボール)で使われている用語として、その違いを見ていくことにしましょう。

この記事では、「ファンタジスタ」「レジスタ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ファンタジスタ」とは?

サッカー用語の一つである「ファンタジスタ」は、観客を惹きつけるスーパープレーを連発するような天才的な選手のことをこう呼んでいます。

この言葉は、イタリアなどで使われていることが多く、イタリア語では「fantasista」と書きます。

もともと「fantasia(想像)」から来ているようです。

「想像」と言う言葉からも分かるように、クリエイティブで予想外の凄いプレーという意味合いもあるのかもしれません。

サッカーでのポジションでは、やはりストライカーにあたるフォワードの選手の活躍が目立ちます。

さらに攻撃のみで、守備の役割がない選手のことを「ファンタジスタ」と呼ぶようです。

「レジスタ」とは?

サッカー用語の「レジスタ」は、イタリア語の「regista」から来ています。

「レジスタ」は、もともと、舞台や映画などの演出家や監督という意味で、全体をまとめるような役割のことを言います。

ここで言う監督にあたる役割の人物は、サッカーチームの監督ではなく、選手です。

試合をコントロールする役目を果たす選手のことを「レジスタ」と呼んでいます。

「ファンタジスタ」と「レジスタ」の違い

「ファンタジスタ」「レジスタ」の違いを、分かりやすく解説します。

サッカー用語での「ファンタジスタ」とは、主にストライカーである「フォワード」の選手のことを言います。

観客を魅了し、創造的で、天才とも言えるようなスーパープレーを行うような選手のことを「ファンタジスタ」と呼んでいます。

一方、「レジスタ」は、サッカーでは「試合」をまとめ、チームが勝てるようにコントロールしていく中心的存在の選手のことを指しています。

まとめ

「ファンタジスタ」「レジスタ」も、試合の流れを大きく左右する重要な選手です。

特に「ファンタジスタ」と呼ばれる数多くのヒーロー的存在のスーパー選手も生まれています。

このような選手が活躍することで、試合を有利に進めやすくなりますし、観ている観客も、よりプレーを楽しむことができます。

とは言え、サッカーはさまざまなポジションの選手がいるからこそ、試合運びがスムーズに行くことができます。

他のポジション、例えば守りである「ディフェンダー」「ゴールキーパー」などの役割も重要です。

それぞれが自分のポジションで、しっかり役目を果たしていることで、より試合が引き締まり、素晴らしいプレーの数々を観ることができるのでしょう。

世界中にサッカー(フットボール)ファンが多いのは、やはりポジションに関係なく、素晴らしいプレーができる選手が多いからなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典