スポンサーリンク

サッカーの「期限付き移籍」と「レンタル移籍」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「期限付き移籍」と「レンタル移籍」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、サッカーの「期限付き移籍」「レンタル移籍」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「期限付き移籍」とは?

「期限付き移籍(きげんつきいせき)」とは、「移籍元に籍は残したままで、一定の期限を決めた上で暫時的な選手の移籍をすること」を意味しています。

「期限付き移籍」というのは、「一定期間だけ、所属選手を別クラブに貸し出して活用すること」なのです。

「期限付き移籍」をした場合、選手を貸し出している期間の給料は、「移籍先のクラブ」が支払うことになります。

「レンタル移籍」とは?

「レンタル移籍」とは、「移籍元に籍は残したままで、一定のレンタル期間を決めてから、暫時的な選手の移籍をすること」を意味しています。

「レンタル移籍」は英語の“loan deal”を訳した和製英語ですが、日本語の語感では「ローン移籍」よりも「レンタル移籍」のほうが意味が通じやすいでしょう。

「レンタル移籍」には、「移籍金が発生しない・給与負担が減る・自チームで出場機会の少ない選手の活用」などのメリットと「選手の籍は変わらない・出場できない試合もある」などのデメリットがあります。

サッカーの「期限付き移籍」と「レンタル移籍」の違い!

「期限付き移籍」「レンタル移籍」の違いを、分かりやすく解説します。

「期限付き移籍」「レンタル移籍」はどちらも「一定の期限を設定した上で、選手を一時的に別クラブに移籍させること」を意味していて、「期限付き移籍」を和製英語で言い換えたものが「レンタル移籍」になります。

そのため、「期限付き移籍」「レンタル移籍」は全く同じ意味合いを持つ言葉なのです。

ただし「レンタル移籍」と翻訳された元の英語は“loan deal”であり、本来であれば「ローン移籍」とすべきという見方もできます。

まとめ

サッカーの「期限付き移籍」「レンタル移籍」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「期限付き移籍」とは「移籍元に籍を残したままで、一定の期限を決めた暫時的な選手の移籍(一定期間だけの別クラブでの活用)」を意味していて、「レンタル移籍」「所属選手を別クラブにレンタルする形での暫時的な移籍・所属元は変わらない期限付き移籍」を示しているので意味の違いはありません。

サッカーの「期限付き移籍」「レンタル移籍」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典