スポンサーリンク

ドラクエ10の「バイシオン」と「バイキルト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラクエ10の「バイシオン」と「バイキルト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ドラクエ10の「バイシオン」「バイキルト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バイシオン」とは?

「バイシオン」とは、「仲間単体の攻撃力を、一段階上昇させる攻撃補助呪文(消費MP2・基礎効果時間120秒)」です。

「バイシオン」は、「バイキルトの下位の呪文」の位置づけになります。

「バイシオン」は、具体的には「攻撃力を約20%アップさせる効果・二回連続でかけると約40%アップの効果」があります。

「バイシオン」の初登場は「ドラクエMJシリーズ」です。

当初は「仲間のパーティー全体の攻撃力をアップさせる効果」がありました。

「バイシオン」は下位呪文ですが呪文詠唱時間が短いので、すぐアタックしたい時は使いやすい呪文です。

「バイキルト」とは?

「バイキルト」とは、「仲間単体の攻撃力を、二段階上昇させる攻撃補助呪文(消費MP4・基礎効果時間120秒)」です。

「バイキルト」は、「バイシオンの上位の呪文」の位置づけになります。

「バイキルト」は、具体的には「攻撃力を約40%アップさせる効果」があります。

「バイキルト」の呪文が初めて登場したのは「ドラクエ3」で、その頃は「攻撃力を2倍にアップさせる強力な効果」の設定でした。

「バイキルト」は攻撃力を約4割も上昇させる強力な補助呪文です。

一方で呪文詠唱時間が長い短所もあります。

その短所は、「早詠みの杖・バイキルト系呪文の瞬き」などでカバーすることが可能です。

ドラクエ10の「バイシオン」と「バイキルト」の違い

ドラクエ10の「バイシオン」は、「バイキルト」の下位の攻撃補助呪文です。

「バイシオン」は、「味方一人の攻撃力を一段階アップさせる効果(消費MPは2)」があります。

「バイシオン」の上位の呪文である「バイキルト」のほうは、「味方一人の攻撃力を二段階アップさせる効果(消費MPは4)」になるという違いを指摘できます。

「バイシオン」を修得できる職業は「どうぐ使い・魔法戦士・旅芸人」です。

しかし、「バイキルト」「どうぐ使い・レンジャー・魔法戦士・魔剣士」の職業で修得することができる違いを挙げられます。

「バイキルト」はドラクエ3の時代から存在する古い呪文で、「バイシオン」よりも歴史が古い違いもあります。

「バイシオン」の例文

・『バイシオンは詠唱時間が短いので、速攻で敵に攻撃を仕掛けたい時には使い勝手が良いのです。』

・『子供時代にドラクエの3や4をしていた中年世代になると、バイシオンは聞き慣れていない呪文の名前かもしれません。』

「バイキルト」の例文

・『バイキルトは、初期ドラクエでは攻撃力をシンプルに二倍にしてくれる呪文でした。』

・『ドラクエ10でバイキルトを使用する時は、呪文が実際に発動するまでの時間がかかる点に注意が必要です。』

まとめ

ドラクエ10の「バイシオン」「バイキルト」の違いを説明しましたが、いかがでしたか?
ドラクエ10の「バイシオン」「バイキルト」の呪文の違いを詳しく調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典