スポンサーリンク

ナルトの「忍術」と「仙術」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「忍術」と「仙術」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人気のアクション漫画には、色々な必殺ワザが出てくることがあります。

この記事では、ナルトの「忍術」「仙術」の違いを分かりやすく説明していきます。

違いを知ると、ますますストーリーが面白くなります。

スポンサーリンク

「忍術」とは?

忍術とはナルトの登場人物たちが持っている、特別なスキル、ワザのこと。

基本形は幻術・体術・忍術の3つになります。

またナルトの忍術には「五大性質変化」という、風水に近い考えがあります。

これは水・火・風・雷・土のそれぞれの自然由来の性質が、お互いに力を与えあって変化していくということ。

たとえば火は水より強いものですが、風よりは強くいられます。

単純に闘う者のレベルが同じくらいだと、水・火・風・雷・土の強い・弱いの関係で、勝ち負けが決まっていきます。

また水・火・風・雷・土には、それぞれ「最強忍術」と呼ばれる決めワザがあります。

これを出せば相手はイチコロ。

たとえ「五大性質変化」の考えでは劣っていても、使う忍術のレベルによっては、相手を打ちのめすことができます。

たとえば幻術では、無限月読というワザがこれにあたります。

おでこに月型の目がうまれる、神さまのような術です。

「仙術」とは?

仙術とはナルトの登場人物たちがもつ、超人的な能力のこと。

おもに「仙人モード」になったときに使えるワザになります。

ちなみに仙人モードになるためには、チャクラが必要になります。

チャクラは全神経を研ぎ澄ませ、集中したときだけに発動できます。

精神エネルギーと身体エネルギーから成り立つ、かなり大きなパワーのことです。

仙人モードになるとナルトの場合、歌舞伎役者のような朱色のくまが生まれます。

見るからに強そうな顔にキリリと変身するので、見ごたえたっぷりです。

仙人モードになると、類まれな仙術が使えるようになります。

地球が持っている大きなエネルギーを味方に付けられるので、相手を吹きとばすような大きな力が備わります。

素晴らしい術ですが、ウルトラマンのように短時間しか使用できないという欠点もあります。

諸刃の剣のような術です。

「忍術」と「仙術」の違い

ナルトに登場する「忍術」「仙術」の違いを、分かりやすく解説します。

・基本的なパワーが忍術

どちらもナルトの術者が使いこなすワザのこと。

忍術は火遁や土遁などに代表される「基本的なスキル」のことです。

水・火・風・雷・土の5つの性質があり、それぞれ強い・弱いの相性があります。

この組み合わせによって、勝敗が決まっていきます。

仙術は仙人モードになったときに発動できる、特別なワザです。

通常バージョンが忍術であるなら、スペシャルバージョンが仙術。

見た目もカッコよく変身し、見るからにキビキビとした動きになります。

ナルトの仙術には、蛙組手や大玉螺旋丸などがあります。

どれもワザの集大成ともいえる、キメキメのポーズばかりです。

ものすごい破壊力で、敵にダメージを与えます。

まとめ

ナルトに出てくる「忍術」「仙術」の違いを、分かりやすくお伝えしました。

忍術はベーシックな術のこと。

水・火・風・雷・土の五大性質変化にまつわるスキルのことです。

一方で仙術は、特別なときに発動できるスペシャルな技です。

違いを知って、物語をますます楽しんでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典