スポンサーリンク

バイトの「キッチン」と「ホール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バイトの「キッチン」と「ホール」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、バイトの「キッチン」「ホール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キッチン」とは?

飲食店の厨房で働くことや、そこで働く人です。

この言葉が指す飲食店とは、調理した飲食を出す、厨房を備えている店のことです。

レストラン、カフェ、居酒屋などがこれにあたります。

厨房の仕事は、皿洗い、料理の盛り付け、調理、清掃、衛生管理などです。

特別な資格を持っていなくても働くことができます。

また、料理が得意でない人でも働けることがあります。

チェーン店の場合、あらかじめ調理されているものが店に届けられ、「キッチン」のスタッフはそれを温めて、盛り付けて、客に提供していることが少なくありません。

食材を洗う・切るなど一から作るわけではないので、料理が得意でないものでもアルバイトとして採用される可能性があるのです。

また、「キッチン」のスタッフとして雇われて、料理を作ることはせず、皿洗いが中心ということもあります。

この場合は料理が得意でなくても務まります。

「キッチン」の使い方

飲食店の厨房で働くことや、そこで働く人を指して使用します。

皿洗いや掃除など料理を作る以外の仕事でも、厨房の仕事であれば「キッチン」といいます。

「ホール」とは?

飲食店で客席が設けられている空間で働くことや、そこで働く人を指して使用する言葉です。

この言葉が指す飲食店とは、客が利用するスペースを備えているところをいいます。

レストラン、カフェ、居酒屋などがこれにあたります。

飲食店にはセルフサービスとフルサービスがあり、「ホール」はフルサービスの店で働いています。

主な仕事内容は、客を席まで誘導する、注文をとる、注文を厨房に伝える、料理をテーブルに運ぶ、使った皿やコップなどをさげる、レジで精算するといったものです。

客と直に接するため、丁寧な言葉遣いや清潔な身なりなどが、働く者には求められます。

「ホール」の使い方

飲食店で客が利用する空間で働くことや、そこで働く人を指して使用する言葉です。

「キッチン」と「ホール」の違い

どちらも飲食店で働くことや、そこで働く人を指しているのですが、飲食店のどの場所で働くのかという点に違いがあります。

「キッチン」は厨房で働くことです。

調理、盛り付け、皿洗いなどが主な仕事になります。

「ホール」は客が利用する空間で働くことです。

注文をとる、料理を運ぶ、レジで精算をするなどが主な仕事になります。

「キッチン」の例文

・『ファミリーレストランのキッチンで働いている』
・『キッチンの仕事を探している』
・『キッチンの仕事に慣れてきた』
・『キッチンの仕事はまかないが出る』

「ホール」の例文

・『ホールの仕事を探している』
・『ホールスタッフとして採用される』
・『ホールの仕事をしている先輩』
・『夜の12時までホールの仕事をする』

まとめ

どちらの言葉も飲食店での仕事を指していますが、働く場所が厨房なのか、客が利用する空間なのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典