スポンサーリンク

不動産の「客付け」も「元付け」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「客付け」も「元付け」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、不動産の「客付け」「元付け」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「客付け」とは?

「客付け(きゃくづけ)」とは、「大家から直接、借主募集の依頼をされたのではなく、元付けの不動産会社から依頼されて賃貸業務をしている不動産仲介会社」のことです。

「客付け」「大家-元付けの不動産会社-客付けの不動産会社-借主」といった関係になり、大家と客付けは距離があるので各種の交渉はややしづらくなります。

「客付け」「元付けからの依頼を受けた間接の賃貸業務」なので、「取り扱う賃貸の物件数」が多くなりやすい特徴があります。

「元付け」とは?

「元付け(もとづけ)」とは、「大家から直接、借主募集の依頼を受けた不動産仲介会社」のことです。

「元付け」「大家-元付けの不動産会社-借主」といった関係になり、大家との敷金礼金などの交渉がしやすいメリットがあります。

ただし「元付け」「大家からの直接的な依頼のみの賃貸物件」なので、「取り扱う賃貸の物件数」は少なくなりやすいのです。

不動産の「客付け」と「元付け」の違い!

不動産の「客付け」「元付け」の違いを、分かりやすく解説します。

「客付け」「元付け」「不動産仲介会社の業務形態」を意味していますが、「客付け」というのは「大家から直接依頼されたのではなく、元付けの不動産会社から依頼されて賃貸業務をしている不動産仲介会社」を意味しています。

「元付け」のほうは、「大家から直接、借主募集の依頼を受けた不動産仲介会社」であるという違いがあります。

「客付け」「元付けより取り扱っている物件の数が多い」が、「大家と距離があるので敷金礼金などの交渉は元付けよりはしづらい」といった違いを指摘できます。

まとめ

不動産の「客付け」「元付け」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「客付け」とは「元付けの不動産会社に、借り主を紹介する業務を行う不動産仲介会社・元付けよりも各種の交渉がややしづらい」を意味していて、「元付け」「大家から直接、不動産仲介取引の依頼をされている不動産業者・客付けよりも敷金礼金などの交渉がしやすい」を意味している違いがあります。

不動産の「客付け」「元付け」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典