スポンサーリンク

仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「販売所」と「取引所」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「販売所」「取引所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「販売所」とは?

仮想通貨の「販売所」は、投資家が販売所を拠点に販売所と直接やり取りをして仮想通貨の売買をする場所のことを指します。

つまりやり取りは、仮想通貨の「販売所」と、投資家との間でしか売買が成立しておらず、投資家と投資家がトレードをするという物ではないです。

あくまで、「販売所」は販売所とトレーダーである投資家が売買を取り決めるのであって、間に投資家同士を挟まないという利点があります。

「取引所」とは?

仮想通貨の「取引所」は、投資家同士が仮想通貨のトレードを行う場所です。

利点においては販売と売買にかかる手数料が少ないが故、売却でも十分に収益が見込めるというのが利点ですが、反面に売りに出す商品である仮想通貨の買い手が存在しないと成立しないという問題点が「取引所」には存在します。

何故、手数料が下がるかですが、「販売所」は、貨幣の取引の差をなくすため手数料を設けますが、「販売所」はそうしたものを設けないからです。

「販売所」と「取引所」の違い

仮想通貨の「販売所」「取引所」は、トレードをやり取りする場が、仲介者として存在するのか、それとも取引所自体がビジネスで仮想通貨をやり取りするのかという違いです。

「販売所」は、「販売所」自らが仮想通貨の売り手でもあり買い手でもあります。

一方、「取引所」は別名交換所ともいわれており、トレーダー同士つまりは仮想通貨から仮想通貨を交換したり、仮想通貨を自国の貨幣で購入するなどを行うのですが、必ず、販売者と売り手は、投資家である必要性があり、違いは、取引において仲介者となるものが仮想通貨のトレードに関与するかしないかです。

「販売所」の例文

・『販売所は手数料が高い』

仮想通貨の「販売所」は、貨幣同士の差額をなくすために貨幣の取引においては手数料を高く設定することで自己の販売所の運営を維持しているため、傾向としては絶対的に手数料が高いという特徴があります。

「取引所」の例文

・『取引所は手数料はないに等しい』

仮想通貨の「取引所」は、あくまで、仲介者としての立場であるため、たくさんの取引をして貰えればそれで運営側は維持が可能であるため、トレーダー同士の取引では手数料はあまり高く設定していないのです。

まとめ

仮想通貨の「販売所」「取引所」の違いは、仮想通貨の取引を持ち掛ける場所自体が取引に参加しているかそうではないかで、取引を持ち掛ける場所自らが販売及び、売買をしている場合、どうしても貨幣の価格差をなくす必要性があるため手数料を高くする必要性があります。

ですが、「取引所」であれば話は別で、取引所の場合は仮想通貨の貨幣が流動すればするほど運営側の収入になるという仕組み上、手数料などはどうでもよく、如何に仮想通貨が流れるかが重要なのです。

つまり、トレードに参加する人物が減ることの方が問題であるため、手数料で儲けることはどうでもよいとしているのが、「取引所」になります。

また、「取引所」は信頼できない仮想通貨はあまりトレードを可としておらず、その理由は流動性がないことと信頼性がない物をトレードした場合に起きる個人間のトラブルなどがあるため、信用できない仮想通貨の取引は原則無いと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典