仮面ライダーの「クウガ」と「アギト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「クウガ」と「アギト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、仮面ライダーの「クウガ」「アギト」の違いを分かりやすく説明していきます。

仮面ライダーの「クウガ」とは?

「クウガ」の意味と概要について紹介します。

「クウガ」の意味

「クウガ」は、2000年から2001年までテレビ放映された「仮面ライダーシリーズ」の主人公です。

「クウガ」の概要

「クウガ」は、「平成仮面ライダーシリーズ」第1作目にあたります。

「クウガ」は漢字で「空我」と書き、「クワガタ」をイメージしたヒーローです。

「昭和仮面ライダー」との違いは、「改造人間」「悪の秘密結社」「戦闘員」などの設定がなくなったことです。

また、作品中で「仮面ライダー」という名称も使われていません。

また、登場するライダーは「クウガ」だけで、石が埋め込まれることで変身能力が身に付きます。

基本的に変身した後もキャラを保ち続けて、普通に会話をするという特徴もあります。

仮面ライダーの「アギト」とは?

「アギト」の意味と概要について紹介します。

「アギト」の意味

「アギト」は2001年から2002年までテレビ放映された、「仮面ライダーシリーズ」の主人公です。

「アギト」の概要

「アギト」「クウガ」の2年後の世界観ですが、パラレルワールドであり、直接つながってはいません。

作品中には仮面ライダーが3人登場して、3人共主役級になります。

歴代仮面ライダーは「孤高のヒーロー」というイメージだったのですが、全くくつがえされています。

「アギト」は、漢字で「顎門」と書き、「龍」をイメージしたヒーローです。

基本的に戦闘中は会話をせずに、気合を入れる掛け声だけになります。

仮面ライダーの「クウガ」と「アギト」の違い!

「クウガ」「平成ライダーシリーズ第1作目で、クワガタをイメージしたヒーロー」です。

「アギト」「クウガの2年後の世界観で、龍をイメージしたヒーロー」です。

まとめ

今回は仮面ライダーの「クウガ」「アギト」の違いをお伝えしました。

「クウガはクワガタ」「アギトは龍」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典