スポンサーリンク

占いを「信じる人」と「信じない人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
占いを「信じる人」と「信じない人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、占いを「信じる人」と「信じない人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

占いを「信じる人」とは?

占いを「信じる人」の特徴は、まず、自己肯定感の低い人です。

全般的に自分に自信がなく、自分の発言や考え、価値観などにおいて自信を持つことができない人は占いを「信じる人」となります。

そのほか、自信がないだけではなく、何においても逃げ道を作っておきたい人も占いを「信じる人」と言えます。

もし、選んだ道が失敗であっても、それが占いによって導かれたものならば、その選択の間違いは自分ではなく占いによるものだと責任逃避することができるためです。

このような性格だけが関係するのではなく、今現在の状況によっても変化します。

占いを行ったとき、今の生活に満足できていない人、一歩前に踏み出す勇気が欲しい人、自分では解決できない問題を抱えている人、といったような人の場合も占いを信じる傾向にあります。

占いを「信じない人」とは?

占いを「信じない人」の特徴は、まず、自分に自信がある人が挙げられます。

このような人は、もともと、人の意見に左右されることがないため占いに頼ることもありません。

また、疑いやすい人や非科学的なことは信じない人も、占いを「信じない人」が多くなります。

このような性格だけが占いを「信じない人」に関係するのではなく、現状に満足している人も占いを信じることはありません。

そもそも、現状に満足している人の場合、占い自体不要だと思っているほどです。

そのため、占いを利用すること自体、考えもしないといった人もいます。

占いを「信じる人」と「信じない人」の違い

占いを「信じる人」と「信じない人」との間には、性格や現状が大きく影響しています。

占いを「信じる人」の多くは、自分に自信がなく、今までも誰かに助けてもらってきた人や常に誰かの意見に任せ行動してきた人が多く、占いによって、これからの方向性を導いてほしいという人です。

一方、占いを「信じない人」は、自分に自信があり、今までなんでも自分で考え決め、行動してきた人です。

そして、その決断においても、成功したことが多く、例え、失敗だったとしても、その失敗をバネに頑張ることができた人は占いを信じることはありません。

自分でなんでも決めて行動することができる人の場合、アドバイスなど不要だからです。

このように、占いを「信じる人」と「信じない人」は、真逆の性格、そして、真逆の現状があるといった違いがあります。

まとめ

時には、心の支えになり、悩みに対して的確なアドバイスを受けることができる占い。

しかし、そんな占いにおいても以上のような性格や現状の違いで占いを「信じる人」と「信じない人」に分かれます。

性格はなかなか、変わることはありませんが、現状は常に変化します。

そのため、昨日まで、占いを「信じない人」が、今日、占いを「信じる人」になることもあります。

また、一度でも占いで助けられた人は、今後、占いを「信じる人」となる傾向が強くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典