スポンサーリンク

恋愛においての「フェードアウト」とは?意味や言葉の使い方、概要など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛においての「フェードアウト」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛においてのフェードアウトの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

フェードアウトとは?意味

恋愛においてのフェードアウトとは、付き合っていると思っていたのに、いつの間にかその恋は終わっていて、自然消滅してしまった状態のことを意味しています。

フェードアウトの概要

付き合っていた人と楽しく恋愛して、デートもしていたカップルのその恋愛はいつまでも続くと思っているでしょう。

しかし、自分はそのつもりでも、相手の恋愛感情が薄れてしまったとき連絡もしてこなくなり、自然消滅させて付き合いを終わらせてしまうことがあります。

そんな自然消滅になることをフェードアウトといい、いつの間にか2人の恋愛は終わっているのです。

しかし、相手から別れの言葉を告げられていないのでまだ付き合っていると思っていますが、もう片方はすでに2人の恋は終わり、別れようと考えています。

恋愛においてフェードアウトしないためにも、1日に1回はメールして、2日おきに電話するなど、相手に自分という存在がいることを感じさせることが必要です。

それでも相手がフェードアウトしてしまうのは、理想とは違い、おもしろみのない人であった、性格が合わなかった、会話が楽しくないなど相手が恋人の前から姿を消す根本的な理由があります。

フェードアウトの言葉の使い方や使われ方

相手との恋愛がどうもうまくいかないとき、思い切ってフェードアウトして、喧嘩はせずに別れてしまいたいときに使います。

いちいち別れ話を伝えるために会っても面倒なことになってしまうと思うなら、会わずに自然消滅する形でフェードアウトしたいと思うその時に連絡もせずに別れます。

また、相手が別れたいと思うとき、あなたからフェードアウトして別れたい気持ちを悟ってほしいときにも使われる言葉です。

フェードアウトしたいと思う人は連絡の回数が減っていき、そのうちメールも送られてこなくなり、電話さえもかかってこなくなります。

こういった人は、「仕事で忙しいから会えない」とか「疲れているから会えない」という理由を伝えてくるようになり、恋人とデートの回数を減らしていき、最終的には存在を忘れさせてフェードアウトしていきます。

フェードアウトを使った例文(使用例)

・『あんなにも積極的にデートに誘ってくれたのに一切誘われなくなったのはフェードアウトの典型的な例』
・『いつもは家にいる時間帯に留守が増えたのは私のことが飽きたからフェードアウトするのだろう』
・『フェードアウトする心理には、他に好きな人ができたから別れたいと思う気持ちが強いのだ』
相手が付き合いたいと強く思っているときは積極的にデートへ誘いますが、フェードアウトしたいと思うと誘う回数も減り、距離を置いて別れたいと思う気持ちになります。

また、家にいる時間帯であったのに留守ばかりになるのは、もう別れてもいいという心境になっているためです。

本当は家にいるのに電話にも出ないのは、すでに別れようと決めている心理が働いている状態です。

まとめ

自然消滅で相手と別れたいと思っている人は電話にも出ないし、メールも送らず、デートに誘っても返事はしてこなくなります。

それだけ相手への愛情が薄れている状態であり、それ以上付き合っていても仕方がないと飽きている気持ちが強いのです。

恋人とフェードアウトさせないためにも、相手を楽しませる工夫を取り入れて、2人の心がいつまでも繋がっていられるような工夫を取り入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典