スポンサーリンク

恋愛の「男友達」と「キープ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛の「男友達」と「キープ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛の「男友達」「キープ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

恋愛の「男友達」とは?

「男友達」「おとこともだち」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「恋愛関係抜きで楽しく付き合える男性のこと」という意味で、自分の知り合いや仲間のうち、恋愛感情を持たずに接している男性のことを言います。

2つ目は「恋愛ではなく友情を感じて、親しく付き合える男性のこと」という意味で、恋愛感情を持たずに、一緒に出歩いたり食事をしたり、悩みを相談したりなど親しく付き合える男性のことを言います。

上記に共通するのは「恋愛感情を持たない男性」という意味です。

恋愛の「男友達」の使い方

「男友達」「恋愛関係抜きで楽しく付き合える男性のこと」「恋愛ではなく友情を感じて、親しく付き合える男性のこと」という意味で使われます。

基本的に、女性が自分からは恋愛感情を持たずに接している男性や、一緒に行動したり悩みを相談したりなど、同性の友達と同じように親しく付き合える男性に対して使われる言葉です。

恋愛の「キープ」とは?

「キープ」の意味は以下の通りです。

1つ目は「今は他の男性を好きな状態であるが、破局した時の為にいつでも恋人に繰り上げできる様に関係性を維持している男性」という意味で、相手に対してはっきりと付き合っていると言わず、いざフリーになった時の為に思わせぶりな態度をしてつなぎ止めておく男性のことを言います。

2つ目は「恋愛対象を一人に決められず、複数の中から選ぼうと関係性を維持している男性」という意味で、複数男性の中から誰を恋人にして良いか分からない時に、ゆっくり選べる様に思わせぶりな態度をしてつなぎ止めておく男性のことを言います。

上記に共通するのが「関係性を保つ」という意味です。

「キープ」は英語の「keep」が日本語化した言葉で、「引き留める」「保ち続ける」「残しておく」などの意味があります。

恋愛の「キープ」の使い方

「キープ」「今は他の男性を好きな状態であるが、破局した時の為にいつでも恋人に繰り上げできる様に関係性を維持している男性」「恋愛対象を一人に決められず、複数の中から選ぼうと関係性を維持している男性」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「キープだ・である」「キープ君」などと使われます。

基本的に、いつでも恋愛関係になれる様に、自分に好意がある状態で関係性を維持することに使われる言葉です。

恋愛の「男友達」と「キープ」の違い

「男友達」「恋愛感情を持たずに親しく付き合える男性」という意味です。

「キープ」「いつでも恋愛関係になれる様に、自分に好意がある状態で関係性を維持すること」という意味です。

恋愛の「男友達」の例文

・『男友達とドライブに行った』
・『彼氏にも私の男友達を紹介してある』
・『男友達だと思っていたら告白された』
・『男友達を好きになってしまった』

恋愛の「キープ」の例文

・『今日はキープ男性とデートがある』
・『彼女にはキープが3人いるそうだ』
・『キープ男性が勘違いして困っている』
・『とりあえずキープして後から誰と付き合うか決める』

まとめ

今回は恋愛の「男友達」「キープ」について紹介しました。

「男友達」「恋愛感情なし」「キープ」「恋愛候補として取り置き」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典