スポンサーリンク

恋愛の「距離を置く」と「別れる」の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛の「距離を置く」と「別れる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛の「距離を置く」「別れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「距離を置く」とは?

恋愛において、「距離を置く」とは、少し時間をかけて考えたい、冷静になって考える時間が欲しい、といった気持ちが込められた言葉となり、感情に任せ、このまま別れたくはないといった気持ちが込められた言葉となります。

「距離を置く」ことで、冷静に相手のことを考えることができ、今後のことについても冷静に判断することが可能になります。

その結果、相手の良いところ、好きなところを再確認することができることも少なくありません。

反対に残念ながら、距離を置き考えた結果、やはり、別れたほうが良いという決断に至る場合もあります。

「距離を置く」の使い方

「距離を置く」の使い方としては、恋人に対し少し時間をおいて、今後の二人のことを考えたいときに使用するものとなります。

相手に対し、「距離を置いて考えたい」と伝えたり、「少しお互いに距離を置いて考えてみないか?」と提案する際に使用します。

「別れる」とは?

恋愛において、「別れる」という言葉には、修復が不可能といった意味が込められています。

「別れる」ということは、恋愛関係を解消するという言葉となり、今後、恋人同士ではなくなることを意味します。

恋愛において、「別れる」は、修復ができない状態であるということになります。

「別れる」の使い方

「別れる」の使い方としては、恋人関係を終わらせたい際に使用することとなります。

「3年付き合ってきた彼女と別れることにした」「別れることを決意する」などといったように使用します。

「距離を置く」と「別れる」の違い

恋愛関係において、「距離を置く」「別れる」には大きな違いがあります。

「距離を置く」状態の場合、関係性を修復し、今後も恋人関係を続けることができる可能性があるものの、「別れる」の場合は、その時点で恋人関係は終了してしまいます。

「別れる」ことを踏まえ「距離を置く」場合もありますが、この場合も時間をかけ考えた結果、やり直すという結果となる場合も十分に考えられます。

「距離を置く」の例文

・『彼女との将来について考え直したいため、少し距離を置くことにした。』

・『このままでは、改善することができないと思い彼女と距離を置く事にしました。』

・『できれば、彼とは別れたくないので、いったん、距離を置き考え直してみます。』

・『一度、距離を置くことにすると、その後のきっかけが難しい。』

「別れる」の例文

・『1か月ほど、距離を置き考えた結果、彼とは別れることにしました。』

・『何度も話し合った結果、別れることになりました。』

・『カッとなった勢いで別れることになってしまい後悔しています。』

・『「別れる」なんて、簡単に使ってはいけない言葉です。』

まとめ

このように。

恋愛において、「距離を置く」「別れる」には、大きな違いがあります。

少しでも考えてから結論を出したい場合は、「別れる」などと軽はずみに口に出すのではなく、「距離を置く」と言い、少し時間をかけて考えてみることも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典