日本史の「乱」と「合戦」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「乱」と「合戦」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、日本史の「乱」「合戦」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「乱」とは?

「乱(らん)」とは、「権力を持つ側(朝廷・幕府)に対する反乱・クーデター」を意味している歴史用語です。

「乱」という用語は、「結果として失敗に終わった反乱・クーデター」という意味のニュアンスを持っています。

例えば、「平将門の乱・保元の乱・承久の乱・応仁の乱」などがあります。

「合戦」とは?

「合戦(かっせん)」とは、「ある程度の規模の大きさがある自軍と敵軍が出合って戦うこと」「乱も含む局地的な戦闘」を意味している歴史用語です。

「合戦」の用語には、「両軍が対峙する形の野戦で始まるある程度大規模な戦闘」の意味のニュアンスがあります。

例えば、「源平合戦・関ヶ原の合戦」などがあります。

ただし、局地的な戦闘を意味する広義の「合戦」には、「戦国時代・安土桃山時代などの戦(いくさ)の大部分」が当てはまります。

日本史の「乱」と「合戦」の違い!

日本史の「乱」「合戦」の違いを、分かりやすく解説します。

「乱」「合戦」はどちらも「国内の戦争・戦闘」を意味する歴史用語ですが、「乱」というのは「朝廷(天皇)・幕府(将軍)などの権力を持つ側に対する反乱・クーデター」を意味しています。

「乱」に対して「合戦」というのは、「両軍が野戦で向かい合って戦うこと・局地的な戦闘・両軍が野戦で出合ってぶつかる戦い」を意味している違いがあります。

例えば、「平将門の乱・承久の乱」などは天皇に反旗を翻した反乱の戦いで、これらの戦いを「合戦」とは直接呼ばないのです。

ただし、広義の「合戦(局地的な武力を用いた戦闘)」には「乱」も含むことがあります。

まとめ

日本史の「乱」「合戦」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「乱」とは「権力を持つ側(朝廷・幕府)に対する反乱」「結果として失敗に終わった反乱」を意味していて、「合戦」「ある程度の規模の自軍と敵軍が出合って戦うこと・局地的な戦闘」「両軍が対峙した野戦で始まる戦闘」を意味している違いがあります。

「乱」「合戦」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典