スポンサーリンク

日焼け止めの「SPF」と「PA」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「SPF」と「PA」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、日焼け止めの「SPF」「PA」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「SPF」とは?

「SPF」とは、「1~50+までの数値で表されるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果の指数」を意味しています。

日焼け止めクリームに記載されている「SPF」は、肌の表面を焼いて赤み・シミ・そばかすの原因になる「UVB(中波長紫外線)」から肌を守る効果の強さを指数化したものです。

「SPF」“Sun Protection Factor”の頭文字を取った言葉であり、「1~50+」の数字が大きいほどUVBの防御効果が高くなります。

「PA」とは?

「PA」とは、「4段階の+マークで表されるUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を示す目安」を意味しています。

日焼け止めクリームに表示されている「PA」は、肌の奥深くまで浸透して肌を黒くする原因になる「UVA(長波長紫外線)」から肌を守る効果の強さを、「+マーク」の多さで表しています。

「PA」“Protection Grade of UV-A”を略した言葉で、UVAを浴びた後の約2~24時間で肌が黒くなる原因をどれくらい防げるのかの目安になります。

日焼け止めの「SPF」と「PA」の違い!

日焼け止めの「SPF」「PA」の違いを、分かりやすく解説します。

「SPF」「PA」はどちらも「日焼け止めクリームの紫外線防止効果に関する数値・指標」を意味していますが、「SPF」というのは「肌に炎症を起こして赤みの原因になるUVB(紫外線B波)を防ぐ効果の指数(1~50+で数値が大きいほど防御効果が高い)」を意味しています。

「SPF」に対して「PA」のほうは、「肌の内部まで浸透して肌を黒くするUVA(紫外線A波)を防ぐための効果を表す目安(4段階の+マークで+が多いほど防御効果が高い)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

日焼け止めの「SPF」「PA」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「SPF」とは「1~50+までの数値で表されるUVB(紫外線B波)を防ぐための効果指数」を意味していて、「PA」「4段階の+マークで表されるUVA(紫外線A波)を防ぐための効果を表す目安」を意味している違いがあります。

「SPF」「PA」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典