求人誌の「経験不問」と「未経験可」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「経験不問」と「未経験可」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、求人誌の「経験不問」「未経験可」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「経験不問」とは?

「経験不問(けいけんふもん)」とは、「社員・職員・契約社員などの人材を求めるに当たって、募集している職種・職務の仕事をしたことがあるかないかの経験を問わないこと」を意味している求人用語です。

「経験不問」は、「その業界・職種の仕事をした経験がなくても、無条件に書類審査で落とすことはない」「業界経験がなくても現場の教育・練習によって、短期間でその仕事ができるようになりやすい」といったニュアンスがあります。

「未経験可」とは?

「未経験可(みけいけんか)」とは、「その業界・職種の仕事をした経験がない未経験者であっても、求人に応募することが可能であること」を意味している求人用語です。

「未経験可」「業界・仕事内容の未経験者であっても採用の可能性があること、未経験者でも採用後に教育して一人前の社員にすること」を示してはいますが、実際の選考では「年齢が若ければ未経験者でも良い・一定の年齢以上は経験があってほしい」などの前提条件があることが多くなっています。

「経験不問」と「未経験可」の違い!

求人誌の「経験不問」「未経験可」の違いを、分かりやすく解説します。

「経験不問」「未経験可」はどちらも「その業界・職種の仕事を今までした経験がなくても、求人に応募することができる」を意味している用語ですが、「経験不問」のほうが「未経験可」よりも「過去にその仕事の経験がなくても、現場での練習・慣れによってこなせるような仕事が多い」のニュアンスがある違いを指摘できます。

「経験不問」に対して「未経験可」のほうは、「未経験者でも求人に応募することができる(採用後に教育してスキルを上達させる)+できればゼロから育てる期間・柔軟性がある若い人が望ましい」といった意味のニュアンスを持っている違いがあるのです。

まとめ

求人誌の「経験不問」「未経験可」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「経験不問」とは「その業界・職種の仕事経験がなくても応募できて選考対象になる」「経験がなくても、現場の教育・慣れでこなせるようになりやすい」を意味していて、「未経験可」「その仕事の未経験者でも求人に応募できる」「未経験者なら若い人が良い・採用後に教育する」を意味している違いがあります。

求人誌の「経験不問」「未経験可」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典