スポンサーリンク

自動車の「転回」と「Uターン」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車の「転回」と「Uターン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転回」「Uターン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「転回」とは?

「転回」は、今進んでいる進行方向とは、正反対の方向に移動することで、道路交通法上では、歩行者やその他、道路を往来するものの通行を阻害しないことを条件に「転回」を可能とします。

この時、方向を変える際、侵入した角度および、方向を変える際の角度は、どうでもよく、まったく反対の方向に行ける角度で切り込めば、「転回」は成立します。

ただし、その場でバックするという方法は許されておらず、あくまで逆走という形になるような形でないと、「転回」は成立しません。

「Uターン」とは?

「Uターン」は、実質、方向を180度変えることで「転回」のことです。

ただし、「転回」と異なる点は、Uの字で進路を変更することにあり、「転回」はいかなる方向性をもってしても反対に行き着くことでバック走行というという方法以外で反対側に打って出る行為になるため、方向を変える物体は、Uの字の放物線を書きません。

「転回」と「Uターン」の違い

「転回」「Uターン」の違いは、車線を反対方向に変える際の放物線の書き方です。

「転回」は別に、方向を180度変える際、Vの字で「Vターン」を描いて方向を180度変えても問題はありません。

もっと言えば、道路上で正反対の方向に点だし、逆相という形で道路を走り、行きたい」方向に行くことも「転回」です。

しかし、「Uターン」は必ず方向を変える際、Uの字でなければ成立しないのです。

その為両者の違いは、方向転換時に放物線をどう描くかです。

「転回」の例文

・『転回はスイッチターンのことである』 この例は、「転回」という行為はスイッチターンも含むという例になります。

スイッチターンは一度わき道にそれてから方向転換する行為で、反対車線に躍り出る際に使用する手法の一つで、エリアによっては「転回禁止」の場合、スイッチターンは使用できません。

「Uターン」の例文

・『ここは、Uターン禁止です』 この例は、この車線においては反対車線に躍り出るUターンという行為が禁止されているという例です。

禁止行為であるが故、それを行うと捕まり、この例は捕まり捕まった理由を説明されている最中になります。

まとめ

「転回」「Uターン」の違いは、反対車線などに躍り出るときの放物線の在り方です。

「転回」はとりあえず、自分が行きたい方向と反対に行けばよいので手段を選ばす方向を変えることも「転回」で危険行為に繋がる場合もあるが故、「転回禁止」エリアにおいては車線を変更することは不可です。

「Uターンは単に、車線を変更する際、放物線がUの形になるだけでこの行為も実は、禁止されているエリアにおいては違法行為で、よく目にするUターン禁止は、実質的に反対に行く行為である、「転回」も禁止という意味になります。

その為、警察官が「転回禁止」「Uターン禁止」マークがあるエリアで待つのはそうした人物を取り締まるために待っているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典