スポンサーリンク

野球における「中4日」と「中5日」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「中4日」と「中5日」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、野球における「中4日」「中5日」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「中4日」とは?

野球における「中4日」とは、「先発投手が一回投げた後に、4日間空けてから次に投げること」を意味しています。

「中4日」という野球用語は、「先発投手のローテーションを組む際に、一回先発で投げた後に4日間挟んでから次の先発をつとめる登板間隔」の意味合いを持っているのです。

「中4日」を具体的にいうと、「7月2日(月)」に先発投手として投げたとすると、「3日・4日・5日・6日の4日間」を休んで、「7月7日(土)」に次の先発投手として投げることなのです。

「中4日」は1試合当たりの投球数を100球前後で少なく抑えるMLB(メジャーリーグ)で多い登板間隔ですが、「投手の肩への負担が大きい」という問題が指摘されます。

「中5日」とは?

野球における「中5日」とは、「先発投手として一回投げた後に、5日間空けてから次の先発で投げること」を意味しています。

「中5日」という野球用語は、「先発投手のローテーションで、一回先発で投げた後に5日間挟んでから次の先発として投げる登板間隔」の意味を持っています。

「中5日」を具体的にいうと、「8月1日(月)」に先発投手として投げた場合に、「2日・3日・4日・5日・6日の5日間」は投げずに、「8月7日(日)」に先発投手として投げる感じになります。

「中5日」あるいは「中6日」は、先発投手が一人で9回を完投したり終盤まで投げることが多いNPB(日本プロ野球)で多い登板間隔ですが、「中4日以下」よりも「投手の肩への負担」は相対的に小さくなります。

野球における「中4日」と「中5日」の違い

野球における「中4日」「中5日」の違いを、分かりやすく解説します。

「中4日」「中5日」は共に、「主にプロ野球における先発の登板間隔」についての用語です。

「中4日」は、「先発として投げた後に、間に4日間を挟んでから次の先発をすること」を意味しています。

「中5日」「先発投手として投げてから、間の5日間を休んで次の先発をつとめること」を示していて、「日にち・日数」が違っています。

ピッチャーが肩を休める日にちが長い「中5日」のほうが「中4日」より、ピッチャーの肩のダメージが小さくなる違いもあります。

「中4日」の例文

・『昔のプロ野球は中1日も多かったと言われてはいますが、現代では中4日でもピッチャーの身体の負担は大きいと思います。』

・『アメリカのメジャーリーグでは中4日で先発ピッチャーを使うことも多いですが、日本よりも投球制限を厳しく行っています。』

「中5日」の例文

・『中4日だと正直きついのですが、中5日もらえるのであれば、肩の調子は何とか維持できると思います。』

・『今のプロ野球ではチームの財産である投手の肩を保護する観点から、中5日や中6日の登板間隔が一般的になってきています。』

まとめ

野球における「中4日」「中5日」の違いを詳しく説明しました。

野球における「中4日」「中5日」の違いについて調べたい場合は、この記事の解説を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典