スポンサーリンク

野球の「好プレー」と「ファインプレー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好プレー」と「ファインプレー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好プレー」「ファインプレー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好プレー」とは?

好プレーは、文字で見れば分かる様に良いとかこのましい、立派なといった意味を有する好に、競技をする事や技といった意味を持つプレーを組み合わせて生まれた言葉です。

だからこそ好プレーは、試合で選手が卓越した技術を駆使して見せた素晴らしいプレーを表す言葉となっています。

1-1. 「好プレー」の使い方 好プレーは、野球の試合を観戦している時に良く見聞きする言葉です。

特にテレビで野球観戦している際に、選手が高い技術力を駆使したプレーをすると、実況のアナウンサーが、今のは好プレーです、といった表現でこの言葉を使用するケースが多く見られます。

他にも観戦しているファン同士でも素晴らしいプレーを見た時に、今のは好プレーだった、といった表現を行うものです。

「ファインプレー」とは?

ファインプレーは、素晴らしいとか見事なといった意味を持つファインに、競技の技といった意味を持つプレーを付け加える事により誕生した言葉となっています。

お陰でファインプレーは、スポーツ選手の見事な技やテクニック、美技を表現する言葉となっているのです。

「ファインプレー」の使い方

ファインプレーは、主に野球の試合を観戦している時に使われる言葉となっています。

野球では守備をしている選手に対して使われるのが基本で、通常では処理出来ない様な難しいボールを上手く処理してアウトにした際に、テレビ中継を実況しているアナウンサーが、ファインプレーです、といった使い方をする事が多いです。

同様に観戦しているファン同士も守備で派手さのある素晴らしいプレーを目にした時に、ファインプレーだ、とこの言葉を使用します。

「好プレー」と「ファインプレー」の違い

好プレーとファインプレーはどちらも、野球の試合での素晴らしいプレーに対して用いられる事が多い言葉です。

どちらも似た様な意味合いを持つ言葉同士ですが、違いを見出す事も出来ます。

具体的には好プレーは、野球選手が技術力を駆使して無駄なく堅実なプレーを見せた時に使用される言葉です。

ファインプレーの方は野球では守備をしている選手に用いられ、高い技術力と身体能力を活かして通常では処理出来ないボールを派手にアウトにした時に使われる事が多い言葉だったりします。

「好プレー」の例文

・『彼はプロ注目の選手だけあって、試合で好プレーを連発している』
・『プロ野球選手であれば、今のプレイは当たり前で好プレーとは言えない』

「ファインプレー」の例文

・『彼のファインプレーのお陰で、逆転のピンチを何とか切り抜けました』
・『あそこであのファインプレーがなければ、間違いなくチームは負けていたと思う』

まとめ

2つの言葉はどちらも野球のプレーに対して、良く使用される言葉です。

好プレーの方は選手が持つ高い技術力を活かして、堅実かつ何気ない形の素晴らしいプレーに対して用いられます。

ファインプレーの方は野球では主に守備をしている選手に使用され、技術に加え身体能力を活かした様な派手さのある素晴らしいプレーに対して使われる事が多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典