スポンサーリンク

電化製品の「代替品」と「後継品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電化製品の「代替品」と「後継品」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、電化製品の「代替品」「後継品」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「代替品」とは?

家電製品でいう「代替品」は、使用していたであろう家電製品と全く同じ機能および性能を持つ製品をさします。

このとき、「代替品」は元の家電製品と異なるメーカーでも「代替品」を名乗ることが可能です。

つまり、機能や性能が同じであれば、家電製品を修理したり交換してもらった場合に同じように使用することができる製品を「代替品」と呼ぶわけです。

「代替品」の使い方

「代替品」は、家電製品が修理を必要としたり、交換を必要とする場合、同じ機能や同じ性能を持つものと交換するために用意したものを「代替品」という言葉を用いて違う品を用意したとします。

「後継品」とは?

「後継品」はすでに所有している商品に新しい機能を付与したり値段を下げたりと新しいものとして生み出されたものを「後継品」とします。

つまり、「後継品」は元となる家電があり、新製品となります。

「後継品」の使い方

「後継品」の使い方ですが、「後継品」は名乗ることで成立し、「後継品」を名乗ることが許されるのは元となる製品があり、それを改良または大量生産するために量産したものが「後継品」を名乗ることができるのです。

そのため、何でもかんでも「後継品」とすることはできず、「後継品」はあくまですでにある商品群を改良したり大量に販売できるよう量産したものが「後継品」と名乗ることができます。

「代替品」と「後継品」の違い

「代替品」は、既存の製品に問題があった場合、代わりに同じ性能や同じ効果がある家電と交換することをさしますが、「後継品」は既存の製品を生かし、新しい製品としたものを「後継品」と呼ぶため違いは、既存の製品であるか新しく生み出されるかという違いと、効果と機能が全く同じであるかという違いがあります。

「代替品」の例文

・『こちらが電気ケトルの代替品になります』
この例は、おそらく使用していた電気ケトルが損傷し、同じ機能を持つ他社のメーカーか同じメーカーの商品群を用意してもらったという例です。

「代替品」はあくまで元の商品と同じようなものを用意するだけになります。

「後継品」の例文

・『こちらが○○エアコンの後継品です』
この例は、○○というエアコンに後継作品が出たということを表しています。

「後継品」はすでにあるものの中から新しいものが生まれることをさし、性能を向上させたものや量産型の製品を「後継品」と呼びます。

まとめ

「代替品」は交換を目的に用意される品物で家電などに用いられる言葉で元の家電と同じ性能や扱いを可能とするものです。

一方で「後継品」はというと、「後継品」は元になる製品があって成立するもので、要は元の製品を改良したり、量産することで入手を容易にし、値段を下げたものを「後継品」とよびます。

そのため、「後継品」は機能や性能が変わらず、値段だけが変化したものを指すこともあり、「量産品」とすることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典