韓国語の「オッパ」と「アジョシ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オッパ」と「アジョシ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、韓国語の「オッパ」「アジョシ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オッパ」とは?

「オッパ」とは、直訳しますと「お兄さん」となります。

実の兄のことを「オッパ」と呼ぶのとは別に、親しい年上の男性のことを「女性が」呼ぶ場合もあります。

この場合、年下の男性が親しい年上男性を「オッパ」とは呼びませんので要注意です。

簡単に言えば、女性が実の兄か、彼氏(もしくは彼氏に相当するほど親しい男性)に使うと覚えておけばいいでしょう。

またいくら親しい男性であっても、職場の先輩、上司にあたる場合は使いません。

「アジョシ」とは?

「アジョシ」とは、直訳しますと「おじさん」となりますが、「親戚のおじさん」という意味ではありません。

成人男性に対して親しみを込めた呼び方が「アジョシ」なのです。

軍隊に入隊する頃からこのような呼び方をしますので20代であろうと「アジョシ」と呼んでも失礼はないということになります。

また女性が彼氏に「オッパ」と呼ぶのですが、年が離れた彼氏の場合は「アジョシ」と呼ぶ方がしっくりきます。

日本語で考える「おじさん」とは少し意味合いが違っていますので注意しておいてください。

韓国語の「オッパ」と「アジョシ」の違い!

韓国語の「オッパ」「アジョシ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも男性を表す言葉なのですが使い方が違いますので混同しないように気をつけてください。

まず「オッパ」は実の兄、親しい年上男性(彼氏)と二通りの使い方がある言葉です。

女性が実の兄に呼びかける時と、彼氏に相当する男性に使う場合とあるわけです。

ちなみに初対面でいきなり「オッパ」とは言いません。

ある程度の親しさがあってこその呼び方なのです。

一方「アジョシ」とは「おじさん」という意味ですが、日本語的な「おじさん」とは意味合いが違います。

成年男性に親しみを込めた呼びかけ方となりますので、失礼ではありません。

つまり特別に親しい間柄ではなくても「アジョシ」は使えるということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

韓国語の「オッパ」「アジョシ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

日本語の感覚とは少し違った捉え方となりますので、注意しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典