スポンサーリンク

魚の「天然」と「養殖」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天然」と「養殖」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、魚の「天然」「養殖」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天然」とは?

魚の「天然(てんねん)」とは、「人間の保護・飼育・繁殖などの手が加えられていない自然のままの状態で泳いでいる(泳いでいた)魚」のことを意味しています。

「天然」の魚は、人間から十分な餌遣りをしてもらえるわけではなく、常に餌を求めて泳いでいるため筋肉が引き締まりやすく、魚の身の部分の脂肪も少なめになる傾向があります。

「養殖」とは?

魚の「養殖(ようしょく)」とは、「人間が食用・観賞用などを目的にして、人工的に飼育したり繁殖させたりしている魚」のことを意味しています。

「養殖」の魚は、自分で泳ぎ回らなくても人間から十分な餌をもらえるので、筋肉が発達しづらくて、魚の身の部分の脂肪も多めになる傾向が見られます。

魚の「天然」と「養殖」の違い!

魚の「天然」「養殖」の違いを、分かりやすく解説します。

「天然」「養殖」はどちらも「魚の生息・繁殖している環境の違いによる区別」を意味している言葉ですが、「天然」というのは「人間の飼育・繁殖などの人為的な手が加えられてない、自然のままの状態で泳いでいる(生きている)魚」のことを意味しています。

「天然」に対して「養殖」のほうは、「食用・観賞用を目的として、人間が人工的に飼育して繁殖させている魚」を意味している違いがあります。

「天然」の魚は、自然の海・川などで自分で頑張って(楽には得られない)餌を取っているので、筋肉が引き締まり脂肪分が少ない傾向があります。

「養殖」の魚は、常に十分な餌が与えられていて、(逃げられないように)狭い区画にいるので運動量も減りやすいため、筋肉が緩んで脂肪分が多い傾向になる違いも指摘できます。

まとめ

魚の「天然」「養殖」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「天然」とは「人間の保護・飼育などの手が加えられていない、自然のままの状態で生息・繁殖している魚」を意味していて、「養殖」「人工的に保護・飼育している魚(繁殖させている魚)で、天然ものの魚よりも身が引き締まっていることが多い」を意味している違いがあります。

魚の「天然」「養殖」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典