「抱きたい」と「抱きしめたい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「抱きたい」と「抱きしめたい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「抱きたい」「抱きしめたい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「抱きたい」とは?

「抱きたい」とは、「相手の体に腕を回してしっかりと抱えるようにしてくっつきたいこと」を意味している表現です。

また「抱きたい」の言葉には、「好きな異性と一緒に寝て性交渉したい・好きな異性と性的関係を持ちたい」という性的な意味のニュアンスもあります。

例えば、「かわいいぬいぐるみを抱きたいと思いました」「好きな彼女を今夜こそ抱きたいという衝動が湧き上がってきました」などの文章で使用されます。

「抱きしめたい」とは?

「抱きしめたい」とは、「好きな相手に自分の愛情・気持ちを伝えるために、相手の体に腕を回してしっかりと抱えるような形で密着したい」ということを意味している表現です。

「抱きしめたい」という言葉には、「自分の愛情表現の目的」だけではなく「相手の愛情・優しさ・温もりを感じて(確認して)安心したいという自分の欲求を満たす目的」も含まれています。

例えば、「久しぶりに会うことができた子供を抱きしめたいと思いました」といった例文で使うことができます。

「抱きたい」と「抱きしめたい」の違い!

「抱きたい」「抱きしめたい」の違いを、分かりやすく解説します。

「抱きたい」「抱きしめたい」「相手の体に手を回してしっかりと密着するようにして持つこと」を意味している点では類似していますが、「抱きたい」という言葉には「抱きしめたい」にはない「性的なニュアンス」が含まれていることがある違いを指摘できます。

「抱きたい」という言葉には、「異性と一緒に共寝をして性交渉したい・相手と性的な関係を持ちたい」という性的な意味のニュアンスもありますが、「抱きしめたい」にはそういった性的な意味合いや下心が含まれない違いがあるのです。

まとめ

「抱きたい」「抱きしめたい」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「抱きたい」とは「愛情表現として相手の体をしっかりと抱えるようにして密着したい」「異性と性交渉したい・異性と一緒に寝て性的関係を持ちたい」を意味していて、「抱きしめたい」「愛情表現や安心欲求として相手の体に腕を回してしっかりと密着したい」のことを意味している違いがあります。

「抱きたい」「抱きしめたい」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典