スポンサーリンク
「ブラックフライデー」と「プレミアムフライデ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブラックフライデー」「プレミアムフライデー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ブラックフライデー」とは?

「ブラックフライデー」の意味と概要について紹介します。

「ブラックフライデー」の意味

「ブラックフライデー」とは、「アメリカで、感謝祭(11月23日)後の金曜日から始まる、大きなセール時期のこと」です。

「ブラックフライデー」の概要

「ブラックフライデー」とは、アメリカで、11月23日の「サンクスギビングデー(感謝祭)」の後にくる金曜日から始まる、大きなセール時期のことおを言います。

この日から、12月のクリスマスでは、アメリカの至るところで一大バーゲンが繰り広げられます。

「ブラック」というと「ブラックマンデー」の様に不吉なイメージがしますが、この時期に一年の売り上げの半分以上を計上する企業も多いのです。

今まで赤字だった企業も、一気に黒字になることから「ブラックフライデー」と呼ばれています。

日本でも少しずつ普及してきているのですが、「ブラック」という言葉のイメージから中々浸透していません。

「プレミアムフライデー」とは?

「プレミアムフライデー」の意味と概要について紹介します。

「プレミアムフライデー」の意味

「プレミアムフライデー」とは、経産省が提唱した「働き方改革」の一つで「月末の金曜日は早く帰る」という方針です。

「プレミアムフライデー」の概要

「プレミアムフライデー」は、「働き方改革」のひとつとして経産省により推奨された方針で、「毎月月末の金曜日には15時に帰り、その分お金を使うことを期待する」というものでした。

「働き方改革」「消費拡大」の両方を目指したのですが、会社の実態に合っていなかったことから、全く浸透せず終わりました。

企業によっては月末に忙しかったり、日本人の気質として「周囲に遠慮して帰れない」というものがあったからと言われています。

「ブラックフライデー」と「プレミアムフライデー」の違い!

「ブラックフライデー」「アメリカで、感謝祭後の金曜日から始まる、大きなセール時期のこと」です。

「プレミアムフライデー」「経産省による、月末の金曜日は早く帰るという方針」です。

まとめ

今回は「ブラックフライデー」「プレミアムフライデー」の違いをお伝えしました。

「ブラックフライデーはアメリカのバーゲン時期」「プレミアムフライデーは日本の失策」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典