ことわざ・慣用句

ことわざ・慣用句

「厳戒態勢を敷く」とは!意味や使い方!類語や例文も解釈

「厳戒態勢を敷く」の意味とは? 「厳戒態勢を敷く」とは、危険や危機への警戒から、人員の配置、起こる事柄への対処をしっかりしておくことです。 既に起こっている事態への対処という意味ではなく、これから起こるかも知れないこ...
ことわざ・慣用句

「最善を尽くす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「最善を尽くす」の意味 「最善を尽くす」の意味は以下の2つです。 1つ目は「その時にできる手段の中で、最も良いと思われることを全てやること」という意味で、問題が起きた時に、現在考えられる中で最も良い方法から試していく...
ことわざ・慣用句

「ヘイトを買う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「ヘイトを買う」の意味 「ヘイトを買う」の意味は以下の2つです。 1つ目は「憎まれること」で、自分がした行為の結果として、相手の憎悪を身に受けてしまうことを言います。 2つ目は、「反感を持たれること」で、こちらも自...
ことわざ・慣用句

「一翼を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一翼を担う」の意味 「一翼を担う」の意味は、「組織や団体の中で、自分が責任を持って果たすべき一つの役割を持つこと」です。 組織や団体は何らかの目的を持って結成されるもので、その目的を達成する為に個々に役割を振り分け...
ことわざ・慣用句

「備えあれば憂いなし」とは?意味や使い方!例文や解釈

「備えあれば憂いなし」とは? 「備えあれば憂いなし」とは、日頃から準備ができていれば、万が一のことがあっても心配はいらないという意味になります。 「備えあれば憂いなし」の読み方 「備えあれば憂いなし...
ことわざ・慣用句

「一線を越える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一線を越える」という言葉の意味や使い方を紹介します。 さらに「一線を越える」という言葉を使った例文や、「一線を越える」の類語を紹介して行きます。 「一線を越える」とは?意味 「一線を越える」には、...
ことわざ・慣用句

「引けをとらない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「引けをとらない」とは?意味 「引けをとらない」というのは「見劣りしない」という意味です。 「互角である」と言われることもありますね。 もともとは「引けをとる」という表現が使われており、これは「負ける」「劣る」とい...
ことわざ・慣用句

「木で鼻を括る」とは?意味や類語!例文と解釈

「木で鼻を括る」とは? 「木で鼻を括る」には2つの意味があります。 1つ目は「もてなしが無愛想なこと」という意味です。 特に悪い態度ではないのですが、とにかく無愛想で「何か嫌なことでもあったのかな」とこちらが思って...
ことわざ・慣用句

「臍を噛む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「臍を噛む」とは? 「臍を噛む」ということわざの表現は、「終わったことについて、ひどく後悔したり悔しがったりすること」や「どうにもならないことに対して、ひどく後悔すること」を意味しています。 「臍を噛む」のことわざは...
ことわざ・慣用句

「覆水盆に返らず」とは?意味や類語!例文と解釈

「覆水盆に返らず」とは? 「覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)」ということわざの表現は、「一度起こってしまった物事は、もう元通りには戻せないこと」や「時間を巻き戻せないように、いったんしてしまったことは元に戻せず...