ことわざ・慣用句

ことわざ・慣用句

「一線を越える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一線を越える」という言葉の意味や使い方を紹介します。 さらに「一線を越える」という言葉を使った例文や、「一線を越える」の類語を紹介して行きます。 「一線を越える」とは?意味 「一線を越える」には、...
ことわざ・慣用句

「引けをとらない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「引けをとらない」とは?意味 「引けをとらない」というのは「見劣りしない」という意味です。 「互角である」と言われることもありますね。 もともとは「引けをとる」という表現が使われており、これは「負ける」「劣る」とい...
ことわざ・慣用句

「木で鼻を括る」とは?意味や類語!例文と解釈

「木で鼻を括る」とは? 「木で鼻を括る」には2つの意味があります。 1つ目は「もてなしが無愛想なこと」という意味です。 特に悪い態度ではないのですが、とにかく無愛想で「何か嫌なことでもあったのかな」とこちらが思って...
ことわざ・慣用句

「臍を噛む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「臍を噛む」とは? 「臍を噛む」ということわざの表現は、「終わったことについて、ひどく後悔したり悔しがったりすること」や「どうにもならないことに対して、ひどく後悔すること」を意味しています。 「臍を噛む」のことわざは...
ことわざ・慣用句

「覆水盆に返らず」とは?意味や類語!例文と解釈

「覆水盆に返らず」とは? 「覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)」ということわざの表現は、「一度起こってしまった物事は、もう元通りには戻せないこと」や「時間を巻き戻せないように、いったんしてしまったことは元に戻せず...
ことわざ・慣用句

「石の上に三年」とは?意味や類語!例文と解釈

「石の上にも三年」とは? 「石の上にも三年」ということわざの表現は、「つらいこと・嫌なことがあってもそれを我慢して続ければ、いつかは物事を成し遂げられる」ということを意味しています。 「石の上にも三年」というのは、「...
ことわざ・慣用句

「精彩を欠く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「精彩を欠く」とは? 「精彩を欠く」という表現は、「生き生きとした様子がないこと、調子が悪そうなこと」や「活気・生命力に満ち溢れた感じがないこと」を意味しています。 「精彩を欠く」というのは、「生き生きとした切れ(勢...
ことわざ・慣用句

「新たな一歩を踏み出す」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「新たな一歩を踏み出す」とは? 「新たな一歩を踏み出す」という表現は新たに第一段階を実行する、という意味になります。 一歩を踏み出すという表現には一歩前に出るという文字通りの意味もありますが、ここでは物事を新しく始め...
ことわざ・慣用句

「最期を迎える」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「最期を迎える」とは? 「最期を迎える(さいごをむかえる)」という表現は、「臨終(死期)を迎えること・亡くなること・死ぬこと」を意味しています。 「最期(さいご)」と「最後(さいご)」は読み方は同じですが、「最期」は...
ことわざ・慣用句

「好意を持つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「好意を持つ」とは? 「好意を持つ」というのは好きだという気持ちを抱く、恋をする、好きになる、という意味になります。 「好意」という表現にはその人に懐く親しみや好ましく思う気持ち、という意味があり、愛情の婉曲的な表現...