ことわざ・慣用句

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

「議論を交わす」とは?意味や類語!表現の使い方

「議論を交わす」とは?意味 「議論を交わす」とは、「人が1つの場所に集まってお互いに自分の意見を言ったり聞いたりすること」や「あるのテーマや物事の是非を明確にするために、お互いの意見や考え、主張を論じ合うこと」という意...
ことわざ・慣用句

「気合を入れる」の意味とは!類語や言い換え

「気合を入れる」とは? 「気合を入れる」というのは他人のやる気を奮い立たせる、ハッパをかける、激励する、という意味になります。 緊張感を高めて精神を集中する時にも「気合を入れる」という表現が使えますね。 月曜日など...
ことわざ・慣用句

「悪影響を及ぼす」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「悪影響を及ぼす」とは? 「悪影響を及ぼす」とは、「悪い影響がもたらされること」、「面倒を掛けること」、「損害を負わせる、与える」といったような意味を持つ言葉です。 「悪影響を及ぼす」の読み方 「悪...
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

「はやる気持ちを抑える」とは?意味や使い方を解説

「はやる気持ちを抑える」 「はやる気持ちを抑える」は、そのまま「はやるきもちをおさえる」と読みます。 文によっては「逸る気持ちを抑える」と漢字になっていることもありますが、こちらも「はやる?」と読みます。 ...
ことわざ・慣用句

「案ずるより産むが易し」とは?意味や使い方を解説

「案ずるより産むが易し」 案ずるより産むが易しという表現は「あんするよりうむがやすし」と読み、物事を始める前にはあれやこれや心配をするものですが、いざやってみると案外簡単にできるものであるという例えになります。 ...
ことわざ・慣用句

「火を見るより明らか」とは?意味や使い方を解説

「火を見るより明らか」 人は相手や物事に対して自然と疑いを持ったり、嘘をついたりもします。 時にはそれがわかりにくい・判断に迷うということもあります。 しかし中には疑いを必要としないほど明らかにわかるようなこともあ...
ことわざ・慣用句

「耳目をそばだてる」とは?意味や使い方を解説

「耳目をそばだてる」 生活をしていると時に相手の話や動向を注意深く見なくてはいけないことがあります。 死仕事・用事・人間会計など様々な場面で意識を向けます。 しかし時には相手にそれを求めることもあります。 そんな...
ことわざ・慣用句

「九死に一生を得る」とは?意味や使い方を解説

「九死に一生を得る」 「九死に一生を得る」は「きゅうしにいっしょうをえる」と読みます。 こういった体験をした人の話は雑誌やテレビで取り上げられることもあり、小説や映画の題材になることもあります。 それだけ稀な、奇跡...
ことわざ・慣用句

「努力を惜しまない」とは?意味や使い方を解説

「努力を惜しまない」について 「努力を惜しまない」について読み方は、「どりょくをおしまない」です。 よく耳にする機会も多い言葉なので、きちんと意味を理解して使っていくと、文章の表現力が更にパワーアップすることができま...
ことわざ・慣用句

「機運を醸成する」とは?意味や使い方を解説

「機運を醸成する」 「機運を醸成する」は「きうんをじょうせいする」と読みます。 堅い表現ということもあり、日常会話ではあまり使わない言葉ですが、ビジネスで使われたり、文章などで目にすることが時々はあるのではないでしょ...
スポンサーリンク