四文字熟語

四文字熟語

「余裕綽々」とは?意味や使い方を解説

「余裕綽々」について 「余裕綽々」は「よゆうしゃくしゃく」と読みます。 「綽々」を「たくたく」と読まない様に注意しましょう。 漢検1級レベルですので書けないのは当然ですが、読み方は覚えておいた方が良いでしょう。 ...
四文字熟語

「曖昧模糊」とは?意味や使い方を解説

「曖昧模糊」とは? 「曖昧模糊」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 日常生活では「曖昧」という言葉を使う事があるものの、「曖昧模糊」と言う四文字熟語は使った事が無いという人が多いのではないでしょうか。 「曖昧模...
四文字熟語

「一気呵成」とは?意味や使い方を解説

「一気呵成」 この「一気呵成」は、「いっきかせい」と発音します。 意外と使える場面の多い言葉だと言えますが、聞いたことくらいはあっても、詳しく意味が分からないという人も多いと思います。 また、意味は一度聞けば覚えら...
四文字熟語

「一石二鳥」とは?意味や使い方を解説

「一石二鳥」 「一石二鳥」は、「いっせきにちょう」と発音します。 誰でも聞いたことがあると言っていいほど有名な言葉で、そのような状況だと思えば、いつどこで使っても構わない手軽さと、特に相手を選ばずに使える利便性も持ち...
四文字熟語

「因果応報」とは?意味や使い方を解説

「因果応報」 物事には常にいいことばかりではなく、行動した結果悪い事態に発展することもあります。 良いことをして悪い事態に発展するには同情されることも多いです。 しかし悪いことをした結果、自体が悪化・深刻化するとい...
四文字熟語

「虚心坦懐」とは?意味や使い方を解説

「虚心坦懐」 「虚心坦懐」は「きょしんたんかい」と読みます。 非常に難しい言葉で漢検準一級レベルで、読み方も難しいのですが書き間違いも多くなります。 「坦」を「担」と書かない様に注意しましょう。 「虚...
四文字熟語

「秘密主義」とは?意味や使い方を解説

「虚心坦懐」 「虚心坦懐」は「きょしんたんかい」と読みます。 非常に難しい言葉で漢検準一級レベルで、読み方も難しいのですが書き間違いも多くなります。 「坦」を「担」と書かない様に注意しましょう。 「虚...
四文字熟語

「画竜点睛」とは?意味や使い方を解説

「画竜点睛」 「画竜点睛」は「がりょうてんせい」と読みます。 読み間違いで多いのが「がりゅうてんせい」で、四字熟語の読み仮名試験によく出題されます。 また、「画竜点睛」は書き間違いも多くなります。 よく見ると「睛...
四文字熟語

「転生賢者」とは?意味や使い方を解説

「転生賢者」 最近、ゲームやライトノベル小説、アニメの世界でよく賢者という役柄が登場しています。 賢者に憧れている世代は意外と多く、小学生から40代、50代といった風に幅広い世代から支持されています。 賢者とは、も...
四文字熟語

「波瀾万丈」とは?意味や使い方を解説

「波瀾万丈」 「波瀾万丈」は「はらんばんじょう」と読みます。 「波乱万丈」という四字熟語を目にすることも良くありますので、「波瀾万丈」と「波乱万丈」はどう違うのか、と疑問に思っている人も多いことでしょう。 「波瀾万...