四文字熟語

四文字熟語

「三日坊主」とは?意味や使い方を解説

「三日坊主」とは? 三日坊主な人は、何を始めてもすぐに飽きてしまうという特徴があります。 また、そのような人に対して使うのが、この「三日坊主」という表現です。 その為、全くいい意味はない言葉で、飽きっぽい人をこの言...
四文字熟語

「周章狼狽」とは?意味や使い方を解説

「周章狼狽」とは 四字熟語であり「しゅうしょうろうばい」と読み、そのまま音読みをすればいいので難しい読み方ではありません。 よくテストで出題される四字熟語ですが、日常会話ではあまり使う機会がなく、馴染みのないことばで...
四文字熟語

「劣弱意識」とは?意味や使い方を解説

「劣弱意識」 世の中には、完全な人間は存在しないと言われています。 スポーツ万能、頭脳明晰、経済的にも裕福でスタイルも抜群といった人でも、性格的に優柔不断だったり、人間が関係を作ることが苦手だったりします。 誰でも...
四文字熟語

「合鍵同棲」とは?意味や使い方を解説

「合鍵同棲」について 恋愛をしていくと結婚の前に同棲をしたいと希望する人も多いです。 しかし完全に同棲となると住居や荷物・生活などが大きく変わるため、なかなか踏み切れない人もたくさんいます。 そんな中、最近の若い世...
四文字熟語

「判官贔屓」とは?意味や使い方を解説

「判官贔屓」 「判官贔屓」は何と読むのかと問われたら、何と読むのか分からなかったり、「はんかんなんとか?」という答えをしたりする人は少なくないでしょう。 これは、「ほうがんびいき」と読まれるのが一般的ですが、「はんが...
四文字熟語

「泰然自若」とは?意味や使い方を解説

「泰然自若」とは? 座右の銘を聞かれた時に、「泰然自若」という四文字熟語を口にする人がいます。 「泰然自若」は「たいぜんじじゃく」と読みますが、読み方を知っても意味が良く分からない人がほとんどではないでしょうか。 ...
四文字熟語

「恐悦至極」とは?意味や使い方を解説

「恐悦至極」について 「恐悦至極」は「きょうえつしごく」と読みます。 「きょうえつしきょく」と読まない様に注意しましょう。 「恐悦至極」の意味 「恐悦至極」の意味は「これ以上喜びようがない気持ち」...
四文字熟語

「意気揚々」とは?意味や使い方を解説

「意気揚々」について 「意気揚々」は「いきようよう」と読みます。 「意気揚揚」と書くこともありますが、どちらも間違いではありません。 「意気揚々」の意味 「意気揚々」の意味と由来について紹介します...
四文字熟語

「切磋琢磨」とは?意味や使い方を解説

「切磋琢磨」とは? 会社に入った時、部活動を始める時などに「切磋琢磨」して頑張れと、上司や指導者に声を掛けられた経験があるかもしれません。 しかし、「切磋琢磨」の意味が分からなければ、どのように頑張っていいのか分から...
四文字熟語

「余裕綽々」とは?意味や使い方を解説

「余裕綽々」について 「余裕綽々」は「よゆうしゃくしゃく」と読みます。 「綽々」を「たくたく」と読まない様に注意しましょう。 漢検1級レベルですので書けないのは当然ですが、読み方は覚えておいた方が良いでしょう。 ...