意味と使い方

意味と使い方

「展転」とは?意味や使い方を解説

「展転」 展転という表現は「てんてん」と読み、輾転と書く場合もあります。 漢字から想像がつくように、これは転がること、回転すること、あるいは寝返りを打つこと、めぐり移ること、くるくる変化して一定しないことなどを指して...
意味と使い方

「独学」とは?意味や使い方を解説

「独学」 独学は「どくがく」と読み、それに優れている人の指導や教授を仰ぐのではなく、独立で目標を立て、自分で学ぼうとする学習方法であり、能力開発の方法を指します。 日本国内では明治時代にやっと近代的な学校制度が出来上...
意味と使い方

「雲泥」とは?意味や使い方を解説

「雲泥」 「雲泥」は「うんでい」と読みます。 昔から使われている表現で、文学小説の中でも良く使われています。 「雲泥」の意味 「雲泥」の意味は由来について紹介します。 「雲泥」の意味...
意味と使い方

「栄耀」とは?意味や使い方を解説

「栄耀」 皆さん「栄耀」という言葉はご存知でしょうか。 「栄耀」とは、「えいよう」と読み、意味は、大いに繁栄していて羽振りのよいことを意味します。 また贅沢をすることも意味します。 「えよう」と読むこともあります...
意味と使い方

「雅味」とは?意味や使い方を解説

「雅味」 「雅味」は「がみ」と読みます。 普段の会話では中々使われない言葉で、直接文字を見ないと意味が通じにくい言葉です。 「雅味」の意味 「雅味」の意味と語源について紹介します。 ...
意味と使い方

「元嫁」とは?意味や使い方を解説

「元嫁」 元嫁というのは最近では元妻と同じような意味合いで使われることが多く、配偶者だった女性を指す場合がほとんどです。 「元」という表現は「以前の」という意味ですから、以前の嫁、ということになるのです。 ...
意味と使い方

「所業」とは?意味や使い方を解説

「所業」 この所業(しょぎょう)は、簡単に言ってしまうと「行い(行ったこと)」を表す言葉です。 それ以外の意味はなく、特に難しい使い方もしませんが、「行い」と言っても、「悪い行い」の方に特化して使われます。 つまり...
意味と使い方

「絶句」とは?意味や使い方を解説

「絶句」 絶句は「ぜっく」と読み、漢詩の形式の1つである場合と途中で言葉に詰まる事の意味があります。 誰もが中学や高校で起承転結の四句から成る絶句を勉強しますよね。 同時に、それとは全く関係なく、セリフを忘れてしま...
意味と使い方

「存続」とは?意味や使い方を解説

「存続」 存続は「そんぞく」と読み、引き続き存在すること、引き続き残しておくこと、という意味を指しています。 例えば「鉄道の路線をそのまま存続する」などということもありますし、「古い習慣がいまだに存続している」などと...
意味と使い方

「直電」とは?意味や使い方を解説

「直電」 電話を掛けるとき、昔は固定電話でしたが今はスマートフォンやiPhoneなどが普及したことで固定電話の利用率も少なくなりつつあります。 そのためいつでも気軽に電話できるようになった現代ですが、「直電」という言...